登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

新聞記事から

新聞記事から

新聞記事から

ここでは、日本と英国のメディアから抜粋した記事を掲載しています。 ここでの記事の内容は、必ずしもマンチェスター・ユナイテッドの見解を 反映したものではありません。
10 March 2009 

新聞:次期監督は?

ユナイテッドにモウリーニョは不釣合い
先日、サー・アレックス・ファーガソンがユナイテッドの監督を退任する時が来たら、ジョゼ・モウリーニョ監督が「後任に就く」と、大々的に報道された。
ポルトでチャンピオンズリーグ制覇を成し遂げ、チェルシーに50年振りのリーグ制覇をもたらしたモウリーニョが、ユナイテッドの次期監督候補として、ふさわしい人物であることは疑いはない。しかし、彼がオールド・トラッフォードのホーム・ベンチに座る日が来るとは到底思えない。
個人的な意見を述べさせてもらえば、私はモウリーニョ監督の自信に満ち溢れた振る舞いに好感を持っている。しかし、ファーガソン監督の後任には、デイヴィッド・モイーズ監督(現エヴァートン)やマーティン・オニール監督(現アストン・ヴィラ)のほうが、適任だと思う。伝統的にユナイテッドは、モウリーニョのように監督が主役となる人物は似合わない。
モウリーニョはチーム作りの過程から全権を握れるクラブが向いているように思う。例えばマンチェスター・シティーのようなクラブとか……。
― イアン・ライト、ザ・サン紙

ザ・サン紙は相手DFから激しくチャージを受けているクリスチアーノ・ロナウドのコメントを引用した。「僕は何度倒されようとも、決して諦めない。蹴られるのは怖くない。それも試合の一部だからね」

リヴァプールのラファエル・ベニーテス監督が、14日の試合でユナイテッドを倒すことができればリーグ優勝の可能性があると、ザ・インディペンデント紙は報じている。また、FAカップの準決勝をウェンブリーで行う決定を下したFAを、デイヴィッド・モイーズ監督が批判していると、デイリー・ミラー紙は報じた。

Round up by Nick Coppack