登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

新聞記事から

新聞記事から

新聞記事から

ここでは、日本と英国のメディアから抜粋した記事を掲載しています。 ここでの記事の内容は、必ずしもマンチェスター・ユナイテッドの見解を 反映したものではありません。
16 March 2009 

新聞:諦めないヒディンク

ヒディンク監督、追撃宣言
ユナイテッドがリヴァプールに破れことを受けて、チェルシーのフース・ヒディンク監督は、今後の追い上げに自信を見せている。14日、リヴァプールはユナイテッドを倒し暫定2位に躍り出たが、翌15日マンチェスター・シティーを下したチェルシーが得失点差でリヴァプールを上回った。首位のユナイテッドと2位チェルシー、3位リヴァプールの勝ち点差は4。デコとディディエ・ドログバの2選手がハムストリングの負傷で途中退場を強いられたとはいえ、ヒディンク監督はタイトル争いは、まだ終わっていないことを強調した。「優勝戦線に緊張感が戻ってきたのは明白だ。ユナイテッドの敗北は我々にとって追い風になる。我々は最後までユナイテッドを追い続けるよ」
― マーティン・リプトン記者、ザ・ミラー紙

ユナイテッドのリヴァプールへの敗戦についての記事が各紙の紙面を独占。リオ・ファーディナンドは敗戦に関して、「チャンピオンになるために、もう一度気を引き締めるための警告」と語っている。

リヴァプールのラファエル・ベニーテス監督は、「現在のユナイテッドは不安定だ」とコメント。また、キャプテンのスティーヴン・ジェラードは、「まだタイトル獲得の可能性がある」と明かしている。

リヴァプール戦後、サー・アレックス・ファーガソン監督が、12時45分という試合開始時間についてスカイに抗議したと、数紙が報じている。

Round up by James Tuck