登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

新聞記事から

新聞記事から

新聞記事から

ここでは、日本と英国のメディアから抜粋した記事を掲載しています。 ここでの記事の内容は、必ずしもマンチェスター・ユナイテッドの見解を 反映したものではありません。
02 March 2009 

新聞:5冠の可能性

レドナップ監督:ユナイテッドは5冠を達成する
トッテナムのハリー・レドナップ監督は、今シーズンのユナイテッドが5冠の偉業を達成することを確信している。今シーズンのユナイテッドは、すでにクラブワールドカップを制し、3月1日にはカーリングカップで優勝。プレミアリーグでも、2位以下に大きく差を付けて首位を快走。さらにユナイテッドはFAカップで準々決勝進出を決め、チャンピオンズリーグでは現在ベスト16まで勝ち進んでいる。「ユナイテッドには全てのタイトルを獲得できるチャンスがある。ユナイテッドは勝負にこだわるチームであり、極上の選手がそろっている。プレミアリーグでは好調を維持し、チャンピオンズリーグでも彼らの優勝を推す声が大半を占めている。恐らく、FAカップを制すことだろう」とレドナップ監督は語っている。かたや、サー・アレックス・ファーガソン監督は5冠に関する質問にも冷静な姿勢を崩さない。「ユナイテッドの強さの秘密は、決してうぬぼれない点にある。我々はどんな結果にも浮かれることはないんだよ」
― 二―ル・カスティス記者、ザ・サン紙

GKベン・フォスターはユナイテッドのカーリングカップ優勝の立役者となった。彼はGKコーチのエリック・スティールから現代ならではの指導を受けていたという。試合前、スティールはトッテナムの選手がPKを蹴るシーンをまとめた映像を編集してipodでフォスターに見せていたのだ。

一方、カーリングカップの話題ではクリスチアーノ・ロナウドに同情する記事が掲載されている。彼はレドリー・キングから反則を受けて倒れた際に、シミュレーションと見なされて警告を受けた。デイリー・ミラー紙のオリヴァー・ホルト記者は以下のように書いている。「キングがロナウドをつかんで倒したにも関わらず、警告を受けたのはロナウドの方で、それを見たキングは拍手していた。選手の愚かな一面が垣間見えた瞬間だった。ロナウドは外国から来た個性の強い選手であり、キングはイングランドの素晴らしいセンターバックである。しかし、あの場面で警告を受けべき選手はキングだったはずだ」
Round up by Steve Bartram