登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

新聞記事から

新聞記事から

新聞記事から

ここでは、日本と英国のメディアから抜粋した記事を掲載しています。 ここでの記事の内容は、必ずしもマンチェスター・ユナイテッドの見解を 反映したものではありません。
17 June 2009 
ページ 1 / 2 次へ » 

新聞:リベリーはレアルへ移籍か?

リベリー争奪戦が始まった!
ユナイテッドとチェルシーが、リベリー獲得のためにバイエルンに公式オファーを提示したことが報じられた。しかし、レアル・マドリーにはイングランドの2クラブを上回る7000万ポンド(約110億円)という巨額のオファーを提示する準備があるようだ。バイエルンのカール・ハインツ・ルンメニゲ会長は、16日にユナイテッドとチェルシーからリベリー獲得に関するオファーがあったことを明らかにしたものの、いまだリベリーの移籍が成立していないことも明言している。だが、ミランから6200万ポンド(約97億円)でカカーを獲得し、ユナイテッドから8000万ポンド(約128億円)でクリスチアーノ・ロナウドを獲得する日が間際に迫っているレアル・マドリーが、リベリー争奪戦に参加することを決めた。リベリー本人も、レアル・マドリー移籍に興味を示している模様。この3選手の移籍金は、2001年にジネディーヌ・ジダンがユヴェントスからレアル・マドリーに移籍した際の4600万ポンドという、これまでの記録を破る移籍金額になる。
― アントニー・カストリナキス記者、ザ・サン紙

またザ・サン紙によれば、ユナイテッドが獲得を狙っているとされるバレンシアのダビド・ビージャが、イングランドでプレーするならば移籍先はリヴァプールだけだと、彼の友人に話したと報じられている。

ガーディアン紙は、ユナイテッドはクラブの若手を起用する方針で新しく財政的な規定を設けているため、どんな選手であろうと26歳以上の選手の獲得には多額の移籍金を投じないようだ。このため、リベリーを筆頭に、ビージャやサミュエル・エトオといった移籍の噂が出ていた選手をユナイテッドが獲得することはないだろうと報じている。

他のニュースでは、デイリー・ミラー紙が、昨シーズンはレンタル先のヘレフォードで印象的なプレーをみせた若手のサム・ヒューソンがユナイテッドから1年間の契約延長を提示されたと報じている。

ページ 1 / 2 次へ »