登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

新聞記事から

新聞記事から

新聞記事から

ここでは、日本と英国のメディアから抜粋した記事を掲載しています。 ここでの記事の内容は、必ずしもマンチェスター・ユナイテッドの見解を 反映したものではありません。
10 July 2009 
ページ 1 / 2 次へ » 

新聞:驚きと敬意の念

僕は平凡な選手だ。でも、ファーガソン監督は僕をサポートしてくれる
ガブリエル・オーベルタンは自身を平凡な選手だと思っていたため、ユナイテッドに加入できたことに驚きを持っている。フランスU-21代表でウイングを務めている彼は、2008-09シーズンの途中でボルドーからロリアンへレンタル移籍していた。彼は次のように話した。「ユナイテッドが僕に興味を持ってくれていたことには驚いたよ。僕は昨シーズン、難しい時期を過ごしていた。確かに以前からユナイテッドが僕に興味を持っていたことは知っていたけど、いきなりユナイテッドへ移籍できるとは思っていなかったんだ。ファーガソン監督は僕の気持ちを楽にしてくれた。彼は自分の特徴や弱点をわかってくれている。それに過去の自分に関してはそれほど興味がないと言ってくれているんだ。何より僕のポテンシャルを信じてくれている。昨シーズン、僕が平凡なプレーしかしていないにも関わらずね」
― アントニー・カストリナキス記者、ザ・サン紙

ガリー・ネヴィルマイケル・オーウェンがユナイテッドで良いプレーをできると主張している。オーウェンは来年の夏に行われる南アフリカワールドカップでイングランド代表に選ばれることを目標としている。「イングランド代表のためにオーウェンがユナイテッドへ移籍したとは思わない。ユナイテッドで彼のパフォーマンスが復活すると思っているし、出場機会も得られるだろう」

タイムズ紙によると、サンダーランドはユナイテッドの若手ストライカー、フレイザー・キャンベルを500万ポンド(約7億5000万円)で獲得するのではないかと報じている。サンダーランドの監督であるスティーヴ・ブルースは移籍金の交渉に当たっていることを明かした。

ザ・サン紙は2006年のワールドカップでクリスチアーノ・ロナウドがウェイン・ルーニーと確執を起こした際、ロナウドに対して非難を浴びせたが、レアル・マドリーへ移籍する際はロナウドを称賛していた。「ユナイテッドでロナウドはさらに成長した」と

ページ 1 / 2 次へ »