登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

新聞記事から

新聞記事から

新聞記事から

ここでは、日本と英国のメディアから抜粋した記事を掲載しています。 ここでの記事の内容は、必ずしもマンチェスター・ユナイテッドの見解を 反映したものではありません。
22 July 2009 
ページ 1 / 2 次へ » 

新聞:ユナイテッドは変わらない

ギグス「ロナウドがいなくても大丈夫」
今までもライアン・ギグスは、ユナイテッドでレジェンドが生まれ、去っていく様子を見てきた。しかし、アレックス・ファーガソン監督は、その度に結果を出してきた。クリスチアーノ・ロナウド、カルロス・テベスはチームを去ったが、監督にとっては関係ないだろう、とギグスは語っている。「クラブの外部で騒がれているほど、クラブ内部に混乱はないよ。ユナイテッドのようなビッグクラブにいれば、慣れてしまうんだ。常に、スターになる選手が現れては、偉大な選手が引退していく。だけど、誰が去ろうとクラブが特別な存在であり続けているのは、残った選手がチームの成長のために努力しているからなんだよ。僕がチームに加入してから、ブライアン・ロブソン、マーク・ヒューズ、エリック・カントナ、ルート・ファン・ニステルローイ、ロイ・キーン、デイヴィッド・ベッカムという選手たちがチームを去っていった。だけど、これは監督の手腕によるものでもあるけど、これまでもチームは再編成され、再びパワーを取り戻してきた。テベスとロナウドは素晴らしい選手だったけれど、僕らは先へ進むよ。チームを離れた選手は戻ってこないんだ。前に進むしかないんだよ」
― ニール・カスティス記者、ザ・サン紙

一方、マンチェスター・シティーのマーク・ヒューズ監督が、21日の新聞で報じられたアレックス・ファーガソン監督のコメントについて語っている。「アレックス・ファーガソン監督は、私が心から尊敬している監督だ。しかし、常に彼の意見に同意するわけではない。人はそれぞれ自分の意見があるはずだし、ファーガソン監督も然りだ。ファーガソン監督の考えに賛成できない人もたくさんいると思うよ」

また、リオ・ファーディナンドは、ユナイテッドがタイトル獲得を目指す上で、マイケル・オーウェンが大きな役割を果たすだろうと語っている。「オーウェンは、確かに90分フル出場するタイプの選手ではない。だけど、彼はロスタイムにだってゴールを奪えるんだ。タイトルを手にするためには、彼のような選手が必要なんだよ」

ページ 1 / 2 次へ »