登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

新聞記事から

新聞記事から

新聞記事から

ここでは、日本と英国のメディアから抜粋した記事を掲載しています。 ここでの記事の内容は、必ずしもマンチェスター・ユナイテッドの見解を 反映したものではありません。
29 July 2009 
ページ 1 / 2 次へ » 

新聞:保証はない

監督は戦力バランスの悪いレアル・マドリーの苦戦を予想
アレックス・ファーガソン監督は、今夏のレアル・マドリーが大型補強によってチームバランスを崩し、安定した力を発揮するのには時間を要するだろうと語った。クリスチアーノ・ロナウドはレアル・マドリーへ移籍したが、それでもヨーロッパで脅威となるクラブはバルセローナだと主張した。そして、ロナウドが中盤のセンターで起用されるようなことがあれば、チームバランスは確実に崩れると語っている。ボカ・ジュニアーズ、バイエルン、ミラン、ユナイテッドが参加するアウディカップを前に監督は、1958年のサンダーランドの凋落を例に挙げてレアル・マドリーの失墜を予想する。

「当時のサンダーランドは『イングランドの銀行』と呼ばれる程、多額のお金を使った。しかし、彼らは何も得られなかったんだ。そればかりでなく、無謀なお金の使い方をしたせいで自らの首を絞めてしまった。私はレアル・マドリーが2部リーグに降格するとは思っていないが、戦力バランスに問題があると感じている。マヌエル・ペジェグリーニ監督がどのようなメンバー選考を行うかはわからないが、ロナウドが移籍する前、レアル・マドリーではセンターでプレーすることになると私は言っていたんだ。一方でバルセローナは毎シーズン、1人か2人の選手を加え、チームを強化している。彼らには素晴らしい中盤の選手がいるんだ。バルセローナこそ、新シーズンのチャンピオンズリーグで強力なライバルとなり得るだろう」
― ティム・リッチ記者、ガーディアン紙

監督オーウェン・ハーグリーヴスの2度にわたるひざの手術が成功したと明かしているが、タブロイド紙の幾つかは、クリスマスまで戦列に復帰はできないと報じた。

また、監督はディミタール・ベルバトフが昨シーズン、本来のポテンシャルを発揮するポジションでプレーさせることができなかったと述べた。監督は以下のように述べた。「今は我々はベルバトフをどこで起用すれば良いかをはっきり理解している。センターフォワードこそ、彼の最も得意とするポジションなんだ」

ページ 1 / 2 次へ »