登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

新聞記事から

新聞記事から

新聞記事から

ここでは、日本と英国のメディアから抜粋した記事を掲載しています。 ここでの記事の内容は、必ずしもマンチェスター・ユナイテッドの見解を 反映したものではありません。
28 July 2009 
ページ 1 / 2 次へ » 

新聞:モウリーニョの狙い

モウリーニョがファーガソン監督の後釜を狙う
インテルのジョゼ・モウリーニョ監督は27日、アレックス・ファーガソン監督の後を継いで、マンチェスター・ユナイテッドの指揮を執ることを望んでいることを明かした。前チェルシーの監督で、昨シーズンのインテルでセリエAのタイトルを獲得し更なる名声を得たモウリーニョ監督は、ファーガソン監督が引退した際には、オールド・トラッフォードで指揮を執る考えがあることをユナイテッドの首脳陣に訴えた。

モウリーニョ監督は「私はユナイテッドへ行くことを考えているよ。まずは、ファーガソン監督の後を私が継ぐことを、彼らが望んでいるのかどうかを考慮しなければいけない。私はイングランドが好きなんだ。イングランドのファンは非常に情熱的で、素晴らしい雰囲気を作り出し、試合を美しいものにするからね」と語った。

しかし、チェルシーに2つのリーグタイトルをもたらした後、2005年にチェルシーを厳しい形で退団したモウリーニョ監督は、その苦い記憶を思い起こさずにいられなかったようだ。彼は以下のように述べた。「私はチェルシーで多くの話し合いを重ねた結果、クラブを去ることを決断した。私はチェルシーと強く結びついていたから、とても難しい決断だったよ。しかし、我々の関係は終わりを迎えたんだ。それは誰にとっても納得のいくものだったよ。私はチェルシーを去ってからも再び王者に輝いたが、チェルシーは優勝できないでいる。私は勝ち続けるよ。彼らとは違ってね」
― ダレン・ルイス記者、デイリー・ミラー紙

ルート・ファン・ニステルローイがレアル・マドリーに去って以来、真のストライカーが不在だったユナイテッドだが、ライアン・ギグスマイケル・オーウェンこそが、ユナイテッドを支える真のストライカーだと考えている。そして、オーウェンがチームの攻撃陣のバランスと攻撃力を向上させてくれる存在だと確信している。

Round up by Gemma Thompson
ページ 1 / 2 次へ »