登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

新聞記事から

新聞記事から

新聞記事から

ここでは、日本と英国のメディアから抜粋した記事を掲載しています。 ここでの記事の内容は、必ずしもマンチェスター・ユナイテッドの見解を 反映したものではありません。
13 July 2009 

新聞:コスタ加入を望む

コスタのユナイテッド入りが迫っている
グレミオに所属するU-21ブラジル代表MFダグラス・コスタのマンチェスター・ユナイテッド入りが間近に迫っている。グレミオ側は移籍金2000万ユーロ(約30億円)を要求しているが、ユナイテッドはこの額を支払うことを渋っており、現在は妥協への道が模索されている。当初、ユナイテッドはコスタに3週間のトライアルを受けさせようとしたが、グレミオ側がこれを拒否。しかし、完全移籍への交渉は依然として続いているようだ。コスタがユナイテッドと契約した場合、彼は今夏の移籍市場でアントニオ・バレンシア、ガブリエル・オーベルダン、マイケル・オーウェンに次いで4人目の加入選手となる。また、クラブの情報筋によるとユナイテッドは噂されているバルセローナのストライカー、サミュエル・エトォ獲得には興味がないようだ。
― ガリー・ヤコブ記者、トニー・エヴァンス記者、ザ・タイムズ紙

13日の他の新聞では、フレイザー・キャンベルがサンダーランドを選択した理由は、サンダーランドがハルよりも大きなクラブだからであると報じている。また、マンチェスターにあるフェデリコ・マケダの家に強盗が押し入ったことも同時に報告された。

デイリー・メール紙が報じるところによると、カルロス・テベスの移籍先は最終的にマンチェスター・シティーになり、週給15万ポンド(約2000万円)で契約するとされている。また、チェルシーがジョン・テリーとの契約を延長することを望んでいることも同紙は報じている。

【関連記事】
キャンベルがサンダーランドに移籍