登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

新聞記事から

新聞記事から

新聞記事から

ここでは、日本と英国のメディアから抜粋した記事を掲載しています。 ここでの記事の内容は、必ずしもマンチェスター・ユナイテッドの見解を 反映したものではありません。
07 January 2009 

新聞:テベス、決勝も出場へ

決勝戦での起用を約束されたテベス
サー・アレックス・ファーガソン監督が、カルロス・テベスの決勝戦出場を約束することで、彼との契約をめぐるマンチェスター・ユナイテッドの論争を一旦鎮まらせた。テベスは7日にダービーとのカーリングカップ準決勝第1戦に出場するが、その後に関しては未だ宙に浮いたままだ。しかし、もしユナイテッドがダービー相手の2試合で現在の無失点記録を更新できたら、テベスの決勝戦出場は確実になるだろう。監督は次のように語った。「チームに刺激を与えることで、我々はここまで上り詰めることができた。これからもそうするよ。ウェンブリーを訪れるのはいつだって素晴らしいことだし、今シーズンの我々のパフォーマンスには非常に満足している。準決勝でも同じように戦うだろう。この良い状態を決勝まで続けられることを願っているよ。もしトロフィーを手にすることができたら素晴らしい功績になるだろうね」
― リチャード・タナー記者、デイリー・エクスプレス紙

テベスに関してはあらゆる新聞に記事が掲載されている。しかしこういったたくさんの報道が入り乱れると、読み手によって解釈が変わってしまう可能性があるかもしれない。ザ・サン紙が報じたところによると、レアル・マドリー加入を希望しているとされているテベスを、サー・アレックス・ファーガソン監督はオールド・トラッフォードから追い出すつもりだという。ザ・インディペンデント紙の見方はやや温和で、契約交渉が長引いていることによって、テベスは自分が“過小評価されている”と感じているのではないかと報じている。

テベスと関係ないところでは、ザ・サン紙は「監督、あなたが理解できないよ」という見出しを躍らせたネマニャ・ヴィディッチの特集を掲載している。「(監督は)20年以上もマンチェスターにいるのに、スコットランドなまりが抜けないんだ。ほとんどの選手は監督が何を言っているのか聞き取れない。とくに外国人選手はね。だけど僕らが出し続けている良い結果が、僕らと監督のコミュニケーションを良好にしているよ」

Round up by Nick Coppack