登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

新聞記事から

新聞記事から

新聞記事から

ここでは、日本と英国のメディアから抜粋した記事を掲載しています。 ここでの記事の内容は、必ずしもマンチェスター・ユナイテッドの見解を 反映したものではありません。
21 January 2009 
ページ 1 / 2 次へ » 

新聞:ロナウド、移籍の噂を一蹴

オールド・トラッフォードは『我が家』だ
クリスチアーノ・ロナウドが、今年の夏以降もマンチェスター・ユナイテッドに留まる意思があることを明確に示すコメントを残した。いくらユナイテッドがロナウドの放出を否定し続けても、FIFA年間最優秀選手賞を受賞したロナウドの、レアル・マドリーへの移籍の噂は報道され続けてきた。しかしロナウドは、移籍の噂はただの憶測であるとして、きっぱりと否定した。ロナウドはチャンネルRTPに対し次のように語った。「クリスチアーノ・ロナウドを取り囲む全てはただの憶測に過ぎない。僕の行動すべてには、マスコミや人々によって何らかの余計な意味が付けられるんだ。だけど話題にされていること、記事にされていることの90パーセントは空想の産物だよ。たった一つ真実があるとすれば、僕がマンチェスター・ユナイテッドに所属できて幸せだということだけだ。ユナイテッドは我が家だよ。友人たち、ファンのみんなのお陰で、ここで僕は沢山のものを勝ち取った。いつも、とても愛されていると感じるんだ。我が家のように感じるし、僕のキャリアの中でも非常に魅力的な舞台だ。常に僕をサポートしてくれている監督や、チームメートたちのお陰でもある。もう自分がユナイテッドの一部になったかのように感じているよ。明日何が起こるかは分らないが、ここにいることができて非常に幸せだよ」
― スタッフ・レポーター、デイリー・メール紙

カーリングカップ準決勝のダービー戦での勝利によって、ユナイテッドに5冠という偉業達成のチャンスが訪れた。すでにクラブワールドカップのトロフィーを手にしているユナイテッドに関して、ザ・サン紙のニール・カスティス記者は以下のように報じている。「ユナイテッドは今シーズン2つ目のトロフィーに向けて順調に進んでいる。同クラブは何度も2冠を獲得しており、イングランドのクラブで唯一のトレブル(3冠)も達成している。しかし5冠となると・・・・・・かなり難しいだろう」

ユナイテッドが勝ち取ったウェンブリーへの切符には高い代償が伴った。アンデルソンラファエウジョニー・エヴァンスが負傷し、ライアン・ギグスガリー・ネヴィルナーニも軽い打撲を負った。「負傷者について考えれば、悪い夜だった」と、サー・アレックス・ファーガソン監督も認めている。

ページ 1 / 2 次へ »