登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

新聞記事から

新聞記事から

新聞記事から

ここでは、日本と英国のメディアから抜粋した記事を掲載しています。 ここでの記事の内容は、必ずしもマンチェスター・ユナイテッドの見解を 反映したものではありません。
23 January 2009 
ページ 1 / 2 次へ » 

新聞:復活を誓うナーニ

ナーニは戦う
マンチェスター・ユナイテッドで自身のベストを取り戻し、自分への信頼を取り戻すことをナーニは誓った。1900万ポンド(約22億6000万円)で加入したナーニだが、今シーズンは調子が上がらない。1月にゾラン・トシッチが加入したことで、ナーニの将来について更なる疑問符が持たれている。しかし、ナーニはカーリングカップのダービー戦に出場し、素晴らしいゴールを決め、これから先も期待できることをアピールした。22歳のナーニは、自身の2シーズン目のパフォーマンスに失望している。「昨シーズンは良かった。自分のパフォーマンスやチームへの貢献についても満足だったよ。今シーズンはもっと良くなると思っていたんだけどね。チャンスが来たら、今シーズン初めよりももっと良いプレーをしなければならない。もっと試合に出場したいけど、今のところ昨シーズンと同じようにはいっていないよ。何回か良いプレーをした試合もあったけれど、その他の試合では上手くプレーできなかった」
― マーティン・ブラックバーン記者、ザ・サン紙

リーグ戦で未だ降格の危機に瀕しているトッテナムのハリー・レドナップ監督は、24日に控えたユナイテッドとのFAカップ戦では、急造のチームで挑むつもりだと語った。「できる限りメンバーを落として試合に臨む。それが取るべき手段だ。我々は選手を休ませなければならない」

トッテナムからユナイテッドに加入したディミタール・ベルバトフに、大いに魅了されている人物がいる。彼と同じように、マンチェスター・ユナイテッドとトッテナムの2チームに所属した経歴を持つ、元イングランド代表のテディー・シェリンガムだ。ザ・サン紙は22日にシェリンガムがManUtd.jpに対して語った内容を引用している。「彼は他のどの選手とも似ていないと僕は思うよ。彼が一部のサポーターをイラつかせる理由がわかる。もっと情熱的なプレーをする彼が見たいサポーターもいるだろうからね。だけどそれが彼のプレースタイルなんだ。個人的には大好きだよ」

デイリー・ミラー紙は、AIGに代わる2010年のユニフォームスポンサー候補として、サウジ・テレコムよりもインドのサハラがより有力であると報じている。

ページ 1 / 2 次へ »