登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

新聞記事から

新聞記事から

新聞記事から

ここでは、日本と英国のメディアから抜粋した記事を掲載しています。 ここでの記事の内容は、必ずしもマンチェスター・ユナイテッドの見解を 反映したものではありません。
14 January 2009 
ページ 1 / 2 次へ » 

新聞:心理戦の達人

サー・アレックス・ファーガソン監督は心理戦の達人
ウィガンのスティーヴ・ブルース監督は、サー・アレックス・ファーガソン監督との心理戦には誰も勝てないと主張している。9日、リヴァプールのラファエル・ベニーテス監督が、ファーガソン監督を非難したとき、2人による論争が始まった。しかし、ファーガソン監督の下でプレーした経験を持つブルース監督は、どんな心理戦においても最終的にはファーガソン監督が勝つだろうと語っている。「君はどう対応すれば良いと思う? 何もしないことだよ。それが私のモットーでもある。ファーガソン監督のコメントは素晴らしいね。決して同じことを言わない。舌戦では彼に勝てないよ。彼は長期間に渡り、あれだけのレベルを維持し続けているんだ。その功績には目を見張るものがあるし、依然として勝利に対する渇望を持っている。それは誰の目にも明らかだ。君の生まれたときからのことだよ。多くの人が彼に挑戦しているが、彼には素晴らしいチームがある。彼は、自分の下に優秀な選手がいることを確信しているんだ」
― マット・パーカー記者、ザ・サン紙

14日、ウィガンのブルース監督がオールド・トラッフォードに戻ってくる。その試合を前にファーガソン監督は、勝利を収めた11日のチェルシー戦で見せたパフォーマンスを維持する必要があると主張している。「我々は、14日のウィガン戦と17日に行われるボルトン戦で勝利を収め、首位に立つ必要がある。それが我々の目標だ」

全てのタブロイド紙は、FIFA年間最優秀選手の栄冠を手にしたクリスチアーノ・ロナウドのコメントを掲載した。ロナウドは「今シーズン、僕らは全てのタイトルを勝ち取りたい。それが実現可能だということはわかっている」と、より多くの栄冠(全てのタイトル)を手にしたいと語った。

しかし、デイリー・メール紙の中で、コラムニストのマーティン・サミュエルは、ユナイテッドが多くのタイトルを獲得する可能性を疑問視している。また、スマート・マネーのコラムの中では、ユナイテッドがチャンピオンズリーグでインテルに敗れる可能性を示唆し、次のように結論付けている。「2004年以降、チャンピオンズリーグ王者にとって、ベスト16は鬼門となっている」

ページ 1 / 2 次へ »