登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

新聞記事から

新聞記事から

新聞記事から

ここでは、日本と英国のメディアから抜粋した記事を掲載しています。 ここでの記事の内容は、必ずしもマンチェスター・ユナイテッドの見解を 反映したものではありません。
08 January 2009 

新聞:監督は信頼し続ける

私は若手を起用し続ける
サー・アレックス・ファーガソン監督は、ダービー戦に出場した選手たちを非難し、もっと厳しい試合結果になっていた可能性があったと認めた。「0-1の敗戦だったことは不幸中の幸いだ。実際の試合内容を考慮すれば、奇跡的な結果だよ。4失点で負けていてもおかしくなかったからね。本当にひどいプレーをしていた。我々はセットプレーとクロスに翻弄されていた。本来ならば対処できるはずだったが、DF陣は混乱していたようだった」。しかし、ユナイテッドの選手たちも何度かチャンスを作ってダービーを脅かす場面があったため、監督はこれからもカーリングカップで若手を起用し続けると決めたようだ。「これからも若手選手を起用し続けるよ。彼らはユナイテッドが誇る優秀な選手たちだ」
― ニール・モクシー記者、デイリー・メール紙

タブロイド各紙がダービーの監督就任が決定していたナイジェル・クラフの、プライドパークの第一印象について取り上げている。これからダービーを指揮する監督が観戦する中、クリス・コモンズが決勝点を決め、「クラフにはコモンズがいる」という見出しをデイリー・エクスプレス紙は掲げている。

オフィシャルマガジン『インサイド・ユナイテッド』で、サー・アレックス・ファーガソン監督が首位のリヴァプールは今シーズンの後半を神経質に送るだろうとコメントしたが、それに対しラファエル・ベニーテス監督は即座に反論した。「私はチームがより良くなることを信じている。シーズン後半には更に攻撃のオプションを増やせるだろう」

移籍に関するニュースでは、ユナイテッドがグルノーブルのフランス人MFで19歳のソフィアン・フェグリをめぐって、インテルユヴェントスアトレティコ・マドリーと争うことになるだろうと、デイリー・テレグラフ紙が報じている。

Round up by Steve Bartram