登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

新聞記事から

新聞記事から

新聞記事から

ここでは、日本と英国のメディアから抜粋した記事を掲載しています。 ここでの記事の内容は、必ずしもマンチェスター・ユナイテッドの見解を 反映したものではありません。
16 January 2009 
ページ 1 / 2 次へ » 

新聞:ベルバトフに気をつけろ

ベルバトフにご用心
サー・アレックス・ファーガソン監督は、ディミタール・ベルバトフがベストコンディションを取り戻すまであと少しだと考えている。巨額の移籍金を費やして獲得したベルバトフの、ユナイテッドにおけるキャリアは控えめに始まった。現在もリーグ戦ではわずか4ゴールに留まっている。しかし監督はベルバトフ獲得に満足しており、彼はこれから本領を発揮するだろうと予見している。監督は次のように語った。「ディミタール・ベルバトフがチームに馴染み、成長しつつあることに満足している。ある選手を獲得するために多額の投資をするならば、当然その選手については厳重に調査をしている。フアン・ベロン、リオ・ファーディナンドの時も同じようなことがあった。ディミタール・ベルバトフもまた、大きな移籍があるとその効果が待ちきれずに短気になってしまう人々に悩まされてきた。トッテナムでのベルバトフは、唯一無二のフィニッシャーだったんだ。ユナイテッドでは時に孤立しているように見えることもあったが、ユナイテッドの選手はベルバトフに合わせる必要があり、同じようにベルバトフもユナイテッドのやり方を理解しなければならなかったからだ。しかし彼は今とても安定している。最高のベルバトフが見られるのも時間の問題だよ」
― マーティン・ブラックバーン記者、ザ・サン紙

デイリー・スター紙は、カルロス・テベスが来シーズンもプレミアリーグに留まるだろうと報じている。ただしユナイテッドではなく、チェルシーの選手として。報道によると、チェルシーはディディエ・ドログバを放出するつもりで、前線の補強のためにテベスに目をつけたという。

ボルトンのガリー・メグソン監督は、ユナイテッドが判定で優遇されているというラファエル・ベニーテス監督の指摘を一笑に付し、ビッグ4と呼ばれる4チーム全てが、協力的な当局から利益を被っていると指摘した。「とにかくビッグ4のチームは、他の16チームとは違う扱いを受けている」と、彼は語った。

ページ 1 / 2 次へ »