登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

新聞記事から

新聞記事から

新聞記事から

ここでは、日本と英国のメディアから抜粋した記事を掲載しています。 ここでの記事の内容は、必ずしもマンチェスター・ユナイテッドの見解を 反映したものではありません。
19 February 2009 
ページ 1 / 2 次へ » 

新聞:残留を望むテベス

テベスがユナイテッド残留を懇願
カルロス・テベスは、マンチェスター・ユナイテッド残留を望む気持ちを語りつつも、将来を決めるには夏まで待たなければならないことを認めている。テベスの2年間のレンタル移籍契約は今シーズンいっぱいで終了するが、ユナイテッドは3200万ポンド(約43億円)の完全移籍契約に関する交渉をまだ始めていない。

ユナイテッドは1月31日まで、テベスと契約について話し合いを持つ権利を有していたが、その期限を過ぎてしまった現在、他チームにテベスを奪われる可能性が出てきた。レアル・マドリーは長い間テベスの獲得を望んでいるとされており、マンチェスター・シティーにも同様の動きがあった。しかし、テベスはオールド・トラッフォードに留まりたいのだという。

「僕はユナイテッド残留を第一に考えている。ここにあと数年は残りたいと思っているんだ」と、テベスはアルゼンチンのラジオ・デル・プラタに語った。「ユナイテッドは世界最高のクラブの1つであり、そういったクラブからは去り難いものだよ。ユナイテッドと話し合ってはいるが、まだ契約には至っていない。お互いに、最終的な決定は6月まで待つと決めているんだ。ディレクター陣とは話しているが、サー・アレックス・ファーガソン監督とはまだ話し合っていないよ」
― スタッフ・レポーター、デイリー・メール紙




ユナイテッドvsフルアムの試合はタブロイド各紙をかすかにざわめかせたが、ザ・サン紙の裏面の見出しは、マッチデー・プログラム『ユナイテッド・レビュー』に掲載された、サー・アレックス・ファーガソン監督の試合前コラムを引用している。監督はルイス・フェリーペ・スコラーリ監督解任後のチェルシーに関して以下のように語っている。「我々の思うつぼだ。タイトルの行方は我々とリヴァプールのどちらかに絞られた」


デイリー・メール紙では、ティム・ニコール記者がシーズンの行方を占っている。その憶測によると、ユナイテッドはタイトルを手にすることになるようだ。ニコール記者が予想するトップ5は以下の通り。1位ユナイテッド(勝ち点88)、2位リヴァプール(

ページ 1 / 2 次へ »