登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

新聞記事から

新聞記事から

新聞記事から

ここでは、日本と英国のメディアから抜粋した記事を掲載しています。 ここでの記事の内容は、必ずしもマンチェスター・ユナイテッドの見解を 反映したものではありません。
03 February 2009 
ページ 1 / 2 次へ » 

新聞:抜群の手腕を発揮する監督

ローテーションが示す、ファーガソン監督が今もトップの理由
サー・アレックス・ファーガソン監督がユナイテッドで初めてタイトルを獲得したシーズン、記者たちのノートには、おなじみの4人のDFの名前が書かれていた。パーカー、パリスター、ブルース、アーウィンで構成されていたDFラインは、非常にまとまった守備を披露した。さらに注目に値することとして、今シーズンのユナイテッドは、負傷や出場停止などによりDF陣の顔ぶれが変わったにもかかわらず、18時間以上失点せず、イングランドのリーグ戦での無失点新記録を作ったことである。クラブワールドカップで世界一に輝いて以来、ユナイテッドのDF陣はリーグ戦で失点することなく、7連勝という素晴らしい結果に貢献しているが、その一連の試合で、2試合続けて同じメンバーでDFラインを形成したのは、1月27日に行なわれたウェスト・ブロムウィッチ戦と1月31日のエヴァートン戦が初めてである。最も安定性が必要とされるDFというポジションでローテーション制を採用しながら、このような素晴らしい結果を生み出したファーガソン監督の手腕は素晴らしいの一言に尽きる。
― リチャード・ウィリアムズ記者、ザ・ガーディアン紙

1月31日のエヴァートン戦前のマッチデー・プログラム『ユナイテッド・レビュー』や、1月30日のManUtd.jpで掲載されたディミタール・ベルバトフのインタビューの内容が各紙の紙面を飾っている。ザ・タイムズ紙や、ザ・サン紙は、ベルバトフの「どんな相手でも容赦はしない」というコメントを大きく取り上げている。

ザ・スター紙は『ユナイテッド・レビュー』に掲載されていた、ウェイン・ルーニーがハリー・ポッターを愛読しているという「特ダネ」を載せている。

また、ユナイテッドの中盤を支えるマイケル・カリックダレン・フレッチャーを称賛する記事がデイリー・エクスプレス紙に掲載されている。

ページ 1 / 2 次へ »