登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

新聞記事から

新聞記事から

新聞記事から

ここでは、日本と英国のメディアから抜粋した記事を掲載しています。 ここでの記事の内容は、必ずしもマンチェスター・ユナイテッドの見解を 反映したものではありません。
10 February 2009 

新聞:スコラーリ・ショック

忍耐のなさを悲しむ監督
ルイス・フェリーペ・スコラーリ監督の解任は、以前よりもビッグクラブの監督業が厳しい仕事になっていることを表していると、サー・アレックス・ファーガソン監督は語っている。ユナイテッドの監督を22年間務めるファーガソン監督は、以下のように語っている。「本当に驚いたよ。ショックを受けた。彼は7ヶ月前にチェルシーの監督に就任したばかりだ。彼は経験豊富で、ブラジル代表を率いてワールドカップで優勝を果たした優秀な人物。7ヶ月前、チェルシーがアヴラム・グラントの代わりに彼を迎え入れたのは賢明な判断だったと思う。これは“時代の流れ”だよ。今のサッカー界は、忍耐力が極度に欠けている。今シーズンのチェルシーには大きな期待がかかっていて、実際に良い調子だった。調子が悪かった時期は、ここ1ヶ月に過ぎない。たった1ヶ月だけの評価で決められた解任だったよ」
― デイリー・ミラー紙

ご想像の通り、ほとんどの新聞のスポーツ面が、9日のルイス・フェリーペ・スコラーリ監督とトニー・アダムス監督の解任劇についてスペースを割いている。

ユナイテッドに関する話題もある。ザ・サン紙、ザ・テレグラフ紙、デイリー・メール紙、そしてザ・ミラー紙が、他のチームはユナイテッドとの対戦を恐れているという、エドウィン・ファン・デル・サールのコメントを掲載している。

一方、ザ・サン紙では、ライアン・ギグスをナイトに推薦するというサー・アレックス・ファーガソン監督のコメントが紙面を飾っている。「ラグビーの英国代表チームのことを考えてみてくれ。3試合か4試合も勝てばワールドカップで優勝できて、ナイトやMBEの勲章を与えられるんだ。でもギグスは20年もの間、素晴らしいプレーを披露し続けているんだよ」と、監督はオフィシャルマガジン『インサイド・ユナイテッド』の200回記念特別号で語っている。「長く続けることは、短期間の成功をしのぐ偉業だよ」

Round up by