登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

新聞記事から

新聞記事から

新聞記事から

ここでは、日本と英国のメディアから抜粋した記事を掲載しています。 ここでの記事の内容は、必ずしもマンチェスター・ユナイテッドの見解を 反映したものではありません。
25 February 2009 
ページ 1 / 2 次へ » 

新聞:インテルは命拾い

インテル 0 ユナイテッド 0

ジョゼ・モウリーニョ監督は正しかった。それは、ジュゼッペ・メアッツァでは何も決まらなかったということだ。しかし、それ以外については、サー・アレックス・ファーガソン監督はモウリーニョ監督が完璧に間違っていたことを証明した。

モウリーニョ監督は、ユナイテッドがミラノに来る理由は、楽しむためでも、インテルに勝利するために来たわけでもなく、決着をつけるというよりも負けないことに重点を置いていると語っていた。実際にはユナイテッドはミラノで最高に楽しんだ。ゴールネットを揺らすことはなかったものの、かつてない素晴らしい試合を堂々とチャンピオンズリーグで展開したのだ。

ファーガソン監督が後悔していることがあるとすれば、83分までウェイン・ルーニーをベンチに座らせていたことだけだろう。決定的なチャンスを何度も逃したチームが信じられず、ルーニーは間違いなく瞬きを繰り返していたはずだ。特にディミタール・ベルバトフに。

この一戦はユナイテッドが試合を支配し、権威と優雅さを見せた試合というよりも、インテルが命拾いをした試合であったと言えるだろう。
― スティーヴン・ハワード記者、ザ・サン紙

 

ジョゼ・モウリーニョ監督は、試合後にサー・アレックス・ファーガソン監督と握手をしなかった理由を説明している。「私のベンチは特別製で、即座に外に出られるドアがついているんだ。23日の夜、私は

Round up by Steve Bartram
ページ 1 / 2 次へ »