登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

新聞記事から

14/02/2009 
ページ 1 / 2 次へ » 

新聞:チェルシーの行く末

ヒディンクがチェルシーをタイトルへ導く
12日、チェルシーの新監督にフース・ヒディンクが就任した。ヒディンクはチェルシーにプレミアリーグ優勝の可能性があること、2年連続でチャンピオンズリーグ決勝の舞台に立てる力があることを選手たちに伝えた。
ヒディンクはロシア代表の監督としてトレーニングキャンプを行っていたトルコから、チェルシーの選手やスタッフ、オーナーのロマン・アブラモヴィッチ、チーフエグゼクティブであるピーター・ケニヨンを含むクラブの幹部と会うためにロンドンへやってきた。
「私はできるだけ早く結果を出したい」と、ヒディンクはChelseaTVで語った。
「私自身も、選手もプロフェッショナルであり多くの時間は必要ないだろう。思ったよりも早く結果は出るはずだ。チェルシーには、まだタイトル獲得の可能性が十分に残されている。諦めていない。FAカップの試合が目前に控え、チャンピオンズリーグもある。当然、プレミアリーグもだ。リーグ戦では首位と勝ち点差が10ある(ユナイテッドが18日のフルアム戦で勝利した場合)。しかし、過去のリーグ戦や他国のリーグ戦を振り返れば、終盤戦で逆転した例はいくつもある。この3つのタイトルに向けた挑戦はとても重要なことだ」
― ジェレミー・ウィルソン記者、デイリー・テレグラフ紙

リヴァプールのファビオ・アウレリオが、シーズン終盤まで王者ユナイテッドと優勝争いが「展開できる」と語った記事が掲載されている。

「僕たちはシーズン終了まで良い結果を残し続けなければならない。それにユナイテッドとの試合が残されているから、逆転は十分に可能だ。好調を維持し続ければ、オールド・トラッフォードでだって、ユナイテッドを倒すことは可能だと思う」と、ザ・サン紙に語った。

ページ 1 / 2 次へ »