登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

新聞記事から

新聞記事から

新聞記事から

ここでは、日本と英国のメディアから抜粋した記事を掲載しています。 ここでの記事の内容は、必ずしもマンチェスター・ユナイテッドの見解を 反映したものではありません。
24 February 2009 
ページ 1 / 2 次へ » 

新聞:命がけの戦い

生きるか死ぬか
クリスチアーノ・ロナウドは、チャンピオンズリーグを“生きるか死ぬか”の戦いだと表現した。ポルトガルのスターであるロナウドは、24日にジュゼッペ・メアッツァで行われる試合で、ユナイテッドがインテルに勝つと予想している。「ユナイテッドは経験豊かなチームであり、昨シーズンの欧州王者だ。チャンピオンズリーグは生きるか死ぬかの戦い。試合は厳しいものになるだろうけど、ユナイテッドのほうがチームとして優れていると思う。拮抗した試合になるだろうけど、強いチームが勝つのがチャンピオンズリーグ。インテルに勝って、もう一度、優勝の興奮を味わいたいんだ」。第1戦、ロナウドはインテルの守備陣から徹底マークを受ける予想されるが、サー・アレックス・ファーガソン監督はロナウドなら耐えられると断言する。「2年前、ミランとチャンピオンズリーグ準決勝で対戦した時、ロナウドは未熟な若者だった。しかし、今はあの時とは違う。ロナウドなら、必ずやってくれるはずだ。」
― ニール・カスティス記者、ザ・サン紙

サー・アレックス・ファーガソン監督ジョゼ・モウリーニョ監督によるピッチ外の舌戦がコラム欄をにぎわせている。ザ・サン紙のスティーヴン・ハワード記者は、試合前の戦はユナイテッドの監督が勝利したとして、以下のように述べた。「年をとった大男が、若きライバルの鼻をへし折った」

FAはブラックバーン戦でデイヴィッド・ダンの足にタックルしたクリスチアーノ・ロナウドに対して、新たな処分を下さないことを発表。ロナウドはブラックバーン戦で、ハワード・ウェブ主審からイエローカードを受けていた。

トッテナムのDFジョナサン・ウッドゲイトは、3月1日に行われるカーリングカップ決勝戦への出場が微妙な状況になっている。ウッドゲイトは、2-1で勝利したハル戦で決勝点を挙げたが、その後、頭部を負傷していた。

ページ 1 / 2 次へ »