登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

新聞記事から

新聞記事から

新聞記事から

ここでは、日本と英国のメディアから抜粋した記事を掲載しています。 ここでの記事の内容は、必ずしもマンチェスター・ユナイテッドの見解を 反映したものではありません。
12 February 2009 
ページ 1 / 2 次へ » 

新聞:監督の野望は欧州制覇

チャンピオンズリーグ制覇のためなら、全てを投げ出せる

サー・アレックス・ファーガソン監督は、もし3度目となるチャンピオンズリーグのトロフィーを手にできるなら、今シーズンのプレミアリーグ、FAカップ、カーリングカップをすべて犠牲にしても構わないと断言した。

今シーズンのマンチェスター・ユナイテッドには、メジャータイトルをすべて独占できる可能性があり、今までにないチャンスが訪れている。しかし、監督の視線は最も大きな栄誉に絞られている。

監督は以前から、ヨーロッパの強豪ひしめくチャンピオンズリーグでの優勝回数が少ないことを嘆いていた。輝かしい歴史を持ちながらも、ユナイテッドのチャンピオンズリーグ優勝は3回に留まっており、監督は退任までにこの優勝回数を増やすと決意しているのだ。今シーズン一番欲しいタイトルは、と監督にたずねたところ、返ってきた答えは「チャンピオンズリーグ」だった。監督は1999年と2008年にチャンピオンズリーグ優勝を経験している。

「リヴァプールのプレミアリーグ優勝18回という記録に並ぶチャンスでもあるが、それは私にとってモチベーションにならない。ヨーロッパでのユナイテッドの記録に目を向ければ、こちらが優先になるだろう。そして、大会が再編成されてから、チャンピオンズーグを2連覇したチームはない。我々にとっては大きな挑戦になるし、そうなることを望んでいるよ」

― デイヴィッド・マクドネル記者、ザ・ミラー紙

その他、ユナイテッドは昨シーズンの収入増を4500万ポンド(約57億円)と発表する見込みであることを、デイリー・メール紙、デイリー・テレグラフ紙、ザ・インディペンデント紙が報じている。しかしながら、クラブの長者番付においては、依然スペイ

Round up by Joshua Evans
ページ 1 / 2 次へ »