登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

新聞記事から

新聞記事から

新聞記事から

ここでは、日本と英国のメディアから抜粋した記事を掲載しています。 ここでの記事の内容は、必ずしもマンチェスター・ユナイテッドの見解を 反映したものではありません。
23 December 2009 

新聞:後任監督は外国人

ファーガソンの後任は外国人監督だろう
プレミアリーグに新たな外国人監督が誕生した。マンチェスター・シティーを率いていたウェールズ人監督のマーク・ヒューズが解任され、イタリア人のロベルト・マンチーニが新監督に就任したことは驚いたかって? そんなことはない。トップクラスの資金力を有するマンチェスター・シティーが、国外からトップクラスの人間を連れ来たって驚かないはずだ。なぜなら、彼らはこれまでに何度もそういったことをしてきた。アレックス・ファーガソンがマンチェスター・ユナイテッドの監督という職から退くときも、国外の偉大な監督が彼に取って代わるはずだ。ファーガソンが、すでに監督としての名声を手にしている英国圏外の元選手を後任に推薦したとしても、私は驚かないだろう。
― ハリー・レドナップ、ザ・サン紙

一方、ザ・タイムズ紙は、ユナイテッドのキャプテンであるガリー・ネヴィルが、引退後にコーチを始めるのではないかと主張している。

その他には、この10年間におけるベストプレイヤーはライアン・ギグスであると主張したアルセーヌ・ヴェンゲル監督のコメントが掲載されていた。「彼は自分のスタイルを持ち、多くのタイトルを勝ち取ってきた。彼こそが、私が考えるこの10年間におけるベストプレイヤーだ。ただ、1999年のFAカップ準決勝で彼が挙げたゴールは、今もなお私の心に傷として残っている」

マンチェスター・イブニング・ニュースは、火曜日(22日)の夜に他界したアルバート・スキャロン氏に敬意を示し、ファーガソン監督も、ユナイテッドのために127試合に出場し、35得点を挙げたバズビー・ベイブに敬意を表した
Round up by Gemma Thompson