登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

新聞記事から

新聞記事から

新聞記事から

ここでは、日本と英国のメディアから抜粋した記事を掲載しています。 ここでの記事の内容は、必ずしもマンチェスター・ユナイテッドの見解を 反映したものではありません。
15 December 2009 
ページ 1 / 2 次へ » 

新聞:悩めるハーグリーヴス

復帰に苦しむハーグリーヴス
オーウェン・ハーグリーヴスが、戦線復帰のための精神的なハードルに苦しんでいる。イングランドのスター、ハーグリーヴスに、14カ月もの欠場を余儀なくしたひざの負傷はすでに回復している。しかし、復帰に対する自信が足りないため、ユナイテッドでの練習の大部分を理学療法士との1対1で行っている。アレックス・ファーガソン監督は次のように語っている。「ハーグリーヴスはできる得るすべてのことを行っている。しかし、実戦練習に加わるためにはもう少し自信が必要だ」。監督は、当初ハーグリーヴスの復帰は11月までだと語っていた。しかし現状、プレミアリーグはもちろん、練習試合にもいつ出るのかは分からない状況だ。
― ニール・カスティス記者、ザ・サン紙

「1500万ポンド(約21億7000万円)と言われるスタンダール・リエージュのMFスティーヴン・デフール(21)の獲得については忘れるようにと、マンチェスター・ユナイテッドとアーセナルは告げられた」と、ザ・サン紙は伝えている。しかしデフールの代理人、ポール・ステファニは、夏の移籍について次のようにほのめかした。『もちろん、デフールは将来イングランドに来ることに興味がある』

少なくともあと5年、アレックス・ファーガソン監督はオールド・トラッフォードに居続けるだろうとは、ライアン・ギグスの弁だ。ザ・タイムズ紙は次のように報じている。「ファーガソン監督はずっと変わらずに良い監督だよ。これからも長い間この仕事を続けるだろう。あと5年はユナイテッドの監督を続けると思うよ。健康である限り、続けたいという意思が彼自身にもあるだろうからね」。また、ギグスは自身のキャリアをユナイテッドで終えたいとも語った。しかし、もし自身が引退する時が来たとしても、アレックス・ファーガソン監督は監督を続けるだろうとコメントしている。

ファーガソン監督が引退する時を迎えた場合、後任にはローラン・ブラン監督が選ばれるだろうと、ザ・ガーディアン紙のリチャード・ウィリアムズ記者は語っている。「最上の解決方法はブランだ。あと1年半、ブランはボルドーで成功を続け、20

ページ 1 / 2 次へ »