登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

新聞記事から

08/12/2009 
ページ 1 / 2 次へ » 

新聞:カリックがDFに

ファーガソン監督がカリックのDF起用を決断
8日、ユナイテッドはチャンピオンズリーグでヴォルフスブルクと対戦する。この試合ではマイケル・カリックがDFとして出場することが予想されている。5日に行われたウェストハム戦で控えに入っていたカリックは、DFとして前半途中から出場した。度重なる負傷離脱により、DF陣に大きな不安を抱えているユナイテッドだが、アレックス・ファーガソン監督はウェストハム戦でのプレーを見て、ヴォルフスブルク戦でもカリックをDFとして起用することを決断したようだ。この件について、ファーガソン監督は以下のようにコメントしている。「DF陣の負傷離脱は、我々にとって大きな問題となっている。ウェストハム戦ではカリックをそのポジションで起用したところ、彼は我々の期待に見事応えてくれた。徐々に落ち着いて自分なりのペースを掴むと、後半は素晴らしいプレーを見せてくれた。この経験をしっかりと活かしていきたい」
― ジョージ・スコット、デイリー・スター紙

ウェイン・ルーニーが、4日に行われたワールドカップの組み合わせ抽選会の間、完全に寝ていたと複数の新聞が報じている。ルーニーは5日に行われるアウェーのウェストハム戦に備えてロンドンに滞在していた。この抽選会を前に、ルーニーもTVの前に陣取り、事の成り行きを見守ろうと準備していたが、襲ってくる眠気には勝てなかったようだ。そのため、ルーニーには、ワールドカップでの対戦相手について改めて説明しなければならなかった。

デイリー・ミラー紙は、ユナイテッドでトレーニングをするマメ・ビラム・ディウフについての記事を掲載している。「ノルウェーのチームでプレーした経験を持つディウフは当時、帽子を2つかぶり、2枚のスポーツウェアをはきこんで練習していた。ユナイテッドでも同じような格好で練習ができるように頼み込んで、ユナイテッドの関係者を驚かせていた」

ページ 1 / 2 次へ »