登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

新聞記事から

新聞記事から

新聞記事から

ここでは、日本と英国のメディアから抜粋した記事を掲載しています。 ここでの記事の内容は、必ずしもマンチェスター・ユナイテッドの見解を 反映したものではありません。
10 December 2009 
ページ 1 / 2 次へ » 

新聞:キャンベルが加入を熱望

キャンベルはユナイテッド加入のチャンスに飛びつくだろう
ソル・キャンベルは、頭を悩ませている状況にある守備陣を補うべく、ユナイテッドへ移籍する意思があることを語った。サン・スポーツは9日、マンチェスター・ユナイテッドのアレックス・ファーガソン監督が無所属の選手を早急に獲得することを考慮しており、キャンベルはそのユナイテッドに加入するチャンスに飛びつくだろうと報じた。キャンベルは次のように語った。「公式には何も聞いていないんだ。だけど、いくつかの提案があったことは事実だ。私にとっても大きな転機となるだろう。ユナイテッドでプレーしたい。でも、自分にとって都合の良い期待などはしていないよ。正式な形で連絡が入るかどうか状況を静観しなければならない。アーセナルで通常通り練習に励んでいるよ。もし要請があれば、ユナイテッドの練習に参加するだろう」
――ニール・カスティス記者、ザ・サン紙

ザ・タイムズ紙は、ファーガソン監督が、かつてユナイテッドでプレーした選手たちが監督業を営んでいることに関してどう考えているかを報じている。「100万年経ってもマーク・ヒューズが監督になるなんて誰も考えもしなかっただろう」と監督は『インサイド・ユナイテッド』の中で語っている。

ブライアン・ロブソンは、デイリー・エクスプレス紙の中で、ディディエ・ドログバよりもウェイン・ルーニーを評価している。「二人とも私が好きな選手だ。ただ、もしどちらかしか選べないというのであれば、私はウェインを選ぶよ。効率の良い仕事をするし、精神的にも肉体的にも強い選手だ。負傷さえしなければ、ありとあらゆる記録を作ることになるだろう」

また一般紙では、マイケル・オーウェンの代表再招集に関して、様々な意見が飛び交っている。オーウェンを南アフリカへ連れて行くべきだと主張している記事もあるが、ザ・タイムズ紙のトニー・カスカリーノは、オーウェンがカペッロから連絡をもらえるのは、代表選手に負傷者が続出したときだけだと主張。その一方でザ・エクスプレス紙のグラハム・テイラー氏は、オーウェンを招集する方が、ジャーメイン・デフォーの招集よりも良い選択だと考えている。

ページ 1 / 2 次へ »