登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

新聞記事から

11/08/2009 
ページ 1 / 2 次へ » 

新聞:ルーニー、大量得点の予感

大量得点を目指すルーニー
ウェイン・ルーニーがユナイテッドのエースとして、シーズン25ゴールを掲げることを誓った。クリスチアーノ・ロナウドの退団を受け、アレックス・ファーガソン監督はルーニー自身が希望する前線で起用することを明言。更に、プレシーズンで4ゴールを挙げている好調さを今後もキープして欲しいと願っている。昨シーズン、ルーニーは全大会で計20得点を挙げているが、今シーズンは更なるゴールが必要になることを自覚しているようだ。「25ゴールが目標だ。達成できるように努力したい。今シーズンもたくさんのゴールを挙げられるように願っている」と、ルーニーは語った。
「望んでいたポジションを手にすることができた。中央でのプレーが好きなんだ。監督はシーズンを通して僕をこのポジションで起用すると言ってくれた。監督の考えでプランが変わることもあるだろうけど、僕はずっと中央でプレーしたいと思っている。ゴールを挙げ続けることができれば、トップは僕の定位置となるだろう」
― マーティン・ブラックバーン記者、ザ・サン紙

投票:今シーズンのルーニーは何ゴールを挙げるだろうか? ここで投票しよう!

ナーニは9日のコミュニティーシールドで肩を負傷したにも関わらず、ポルトガル代表として12日に行われる試合に出場する可能性があるようだう。一時は長期離脱の可能性もあったが、ナーニはザ・サン紙に次のように語っている。「治療が必要だろうけど、数日で良くなると思うよ」

イングランド・サッカー協会(FA)は、最近推し進めている審判を脅迫から守る対策の観点から、コミュニティーシールドで論争の的となったフランク・ランパードのゴールに対するユナイテッドの反応について調査を行うと、デイリー・メール紙は報じている。

ページ 1 / 2 次へ »