登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

新聞記事から

新聞記事から

新聞記事から

ここでは、日本と英国のメディアから抜粋した記事を掲載しています。 ここでの記事の内容は、必ずしもマンチェスター・ユナイテッドの見解を 反映したものではありません。
20 August 2009 

新聞:優勝候補はユナイテッド

依然としてユナイテッドが本命
バーンリーの監督を務めるオーウェン・コイルは、19日に行われたプレミアリーグでユナイテッドがバーンリーに敗戦を喫したにも関わらず、依然としてプレミアリーグの優勝候補はユナイテッドであると考えている。

バーンリーは、素晴らしいボレーシュートを決めたロビー・ブレイクと、マイケル・カリックのPKを見事にセーブしたブライアン・イェンセンの活躍のおかげで、33年ぶりのトップリーグのホームゲームで勝利を挙げた。この結果はバーンリーのファンを有頂天にさせた。一方、アレックス・ファーガソン監督は、ユナイテッドの選手たちのおごりのせいで、勝利するチャンスを失ってしまったことを嘆いていた。

「ファーガソン監督は、しっかりとこの敗戦を受け止めていた」とコイル監督は語った。「ファーガソン監督は、世界最高の監督だ。依然としてマンチェスター・ユナイテッドが王者であり続けるだろう」
― ザ・ミラー紙

この他、ザ・サン紙では、19日のユナイテッドの敗戦を、「リーグ戦の中で最もあきれた敗北」と形容した記事が掲載された。一方、ザ・タイムズ紙では、ファーガソン監督が「ロナウドとテベスが退団したため、チームを強化する必要があり、移籍市場で動く可能性がある」と強い口調で主張したコメントが掲載された。

Round up by Nick Coppack

【注目記事】
バーンリー戦詳細リポート(フォトギャラリーあり)