登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

新聞記事から

新聞記事から

新聞記事から

ここでは、日本と英国のメディアから抜粋した記事を掲載しています。 ここでの記事の内容は、必ずしもマンチェスター・ユナイテッドの見解を 反映したものではありません。
04 August 2009 
ページ 1 / 2 次へ » 

新聞:ユナイテッドは怖くない

エメリーがユナイテッドを口撃
ウナイ・エメリーが、ユナイテッドはもはやヨーロッパの強豪クラブから恐れられる存在ではないと、アレックス・ファーガソン監督を口撃した。ユナイテッドは5日にオールド・トラッフォードでバレンシアと対戦するが、バレンシアの監督であるエメリーはプレミアリーグ王者であるユナイテッドが脅威だとは考えていない。クリスチアーノ・ロナウドやカルロス・テベスの放出が痛手になると主張し、次のように語った。「ユナイテッドはロナウドとテベスを失ったことで、我々にとって脅威となる選手は存在しなくなった。もちろん、ユナイテッドが強豪であることに変わりはない。ルーニーやギグスのような選手がいるからね。でも、我々は彼らを倒す力があると思っている」
― デイリー・スター紙

ザ・ミラー紙は特集でライアン・ギグスを称えるため、当時19歳の彼がオールド・トラッフォードで見せたスーパープレーや、トレーニング中での衝撃的なプレーについて報じた。「トレーニングでギグスのプレーを見れば誰もが注目した。それは今後も続くだろう」

ザ・ミラー紙リオ・ファーディナンドについて触れている。彼が敗戦に対してどのように向き合っているかを聞いた記事だ。「僕は負けず嫌いだ。試合に負けたら昔と変わらず、今でも両親には会うことはない。誰とも話したくないから一人でいる」

他には15歳のスウェーデン人MF、リヌス・ショーベリが、カーリントンでユナイテッド入団のためのテストを受けているという報道があった。デイリー・メール紙は次のように報じている。「ショーベリはスウェーデンのストックホルムに本拠地を置く、1部リーグのヴァステラスというチームに在籍している。スカンジナビアを中心に選手を発掘しているユナイテッドのスカウトが見つけてきた」

ページ 1 / 2 次へ »