登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

新聞記事から

新聞記事から

新聞記事から

ここでは、日本と英国のメディアから抜粋した記事を掲載しています。 ここでの記事の内容は、必ずしもマンチェスター・ユナイテッドの見解を 反映したものではありません。
10 August 2009 
ページ 1 / 2 次へ » 

新聞:ナーニの今シーズンは?

ナーニは輝き続けられるか?
マンチェスター・ユナイテッドでのナーニのキャリアは、彼のゴールパフォーマンスに現れている。つまり、アップアンドダウンだ。ナーニは、9日のコミュニティーシールドで、見事なロングシュートを決めたように、素晴らしい活躍を見せるときもある。しかし、残念なことにナーニには厳しい時期もあった。ナーニは計り知れないほど多くの期間、我慢と努力を続けてきた。クリスチアーノ・ロナウドのような才能があるのに、発揮されることはないのだろうか? しかし、2009-10シーズンは彼のシーズンになるかもしれない。十分に可能だ。ナーニに出場機会があれば、彼の才能は必ず発揮されるだろう。ロナウド退団による右サイドの穴は、エクアドル人MFのアントニオ・バレンシアが埋めることになるだろう。しかし、バレンシアはロナウドとは違うタイプの選手だ。彼は今シーズンのユナイテッドの4-4-2システムにバランスと安定性をもたらすだろうが、ロナウドのような予測不能なプレーや、多様性を持ち合わせているわけではない。しかし、ナーニにはそれがある。あとは、彼がその能力を安定して発揮できるかどうかの問題だ。それがオールド・トラッフォードでの3シーズン目を迎える彼の課題だ。コミュニティーシールドで、彼がプレーした60分間は、アレックス・ファーガソン監督への大きなアピールになっただろう。
― イアン・レディーマン記者、デイリー・メール紙

また、新聞各紙はコミュニティーシールドでのチェルシーの2点目のきっかけとなった、ミヒャエル・バラックパトリス・エヴラの競り合いについて論じている。

他には、最近ファビオ・カペッロ監督に冷遇され続けていたマイケル・オーウェンが、イングランド代表に復帰する可能性があると報じられた。しかし、オーウェンはこう語っている。「これからも僕は良いプレーを続けるだけだ。成り行きに任せるよ。プレシーズンの試合には多くの試合に出場したけれど、まだ暫定的なメンバーだ。シーズンが始まった時にレギュラーメンバーとしてプレーすることを目標にしている」

ページ 1 / 2 次へ »