登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

新聞記事から

新聞記事から

新聞記事から

ここでは、日本と英国のメディアから抜粋した記事を掲載しています。 ここでの記事の内容は、必ずしもマンチェスター・ユナイテッドの見解を 反映したものではありません。
06 August 2009 
ページ 1 / 2 次へ » 

新聞:オーウェンの代表復帰は?

オーウェンはチャンスを生かせず
イングランド代表のファビオ・カペッロ監督は、オールド・トラッフォードで行われたユナイテッドvsバレンシアの親善試合を80分間観戦したが、新たな発見がないままロンドンに戻った。ワールドカップを目指す上で、カペッロ監督の中でのベストストライカーはウェイン・ルーニーのままであり、マイケル・オーウェンとベン・フォスターには課題が残った。ルーニーはその魅力である積極性を存分に発揮。イライラすることなく穏やかにプレーし、守備にも貢献していた。一方のオーウェンも、イングランド代表に再招集されるために良いパフォーマンスを見せる必要があった。カペッロ監督はこれまでも頑なにオーウェンを招集してこなかったが、ユナイテッドに加入して以降、オーウェンはプレシーズンマッチで好調なプレーを見せており、イングランド最高のストライカー復活を感じさせていた。しかし、オールド・トラッフォードでのデビュー戦となったバレンシア戦では精彩を欠き、前半の2度のチャンス、そして後半のチャンスを逃してしまった。結果、3日後に控えたアムステルダムでのオランダとの親善試合に参加するメンバー発表を前に、カペッロ監督にアピールすることができなかった。「オーウェンには4ゴールする可能性もあった。それでも、オーウェンのパフォーマンスは素晴らしいものだったよ」とアレックス・ファーガソン監督は語っている。
― イアン・レディーマン記者、デイリー・メール紙

デイリー・エクスプレス紙は、エドウィン・ファン・デル・サールが欠場を余儀なくされているこの状況は、ベン・フォスターがイングランド代表とユナイテッドの両方でレギュラーの座をものにするためのチャンスだと報じている。メール紙もその意見に同調しており、フォスターはファビオ・カペッロ監督のワールドカップチームの構想に一番乗りをした可能性があると報じている。

ガーディアン紙は、バレンシア戦で発行されたマッチデー・プログラム『ユナイテッド・レビュー』の中で、アレックス・ファーガソン監督がユナイテッドの移籍の動向について語ったコメントを引用している。「私の中のスコットランド人らしさなのかもしれないが、私

ページ 1 / 2 次へ »