登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

新聞記事から

新聞記事から

新聞記事から

ここでは、日本と英国のメディアから抜粋した記事を掲載しています。 ここでの記事の内容は、必ずしもマンチェスター・ユナイテッドの見解を 反映したものではありません。
21 August 2009 
ページ 1 / 2 次へ » 

新聞:強敵がユナイテッドを語る

ランパード「ロナウド放出は大きい」
クリスチアーノ・ロナウドのユナイテッド退団は、チェルシーにとって大きなチャンスになるとフランク・ランパードは語っている。
今夏、ユナイテッドはクリスチアーノ・ロナウドをレアル・マドリーに8000万ポンド(約124億円)で放出した。その後、昨シーズンのチャンピオンであるユナイテッドは、新シーズン開幕早々に昇格組であるバーンリーに0-1で敗れている。
プレミアリーグ3連覇を遂げた王者の敗戦は驚くべきことではないと、ランパードは語っている。「ロナウドに代わる選手を探すのはとても難しいことだ。アレックス・ファーガソン監督もそう言っていた。僕もロナウドの代わりを見つけるのは難しいと思う」
「ファーガソン監督は、ロナウドがいなくても機能するチームを作ろうとするだろう。代役がいないならできることはそれだけだからね。ロナウドのゴールで、ユナイテッドが1-0とか2-0で勝った試合を何度も見てきた」
「バーンリー戦の結果は、完全に予想外の出来事だったわけじゃない。ユナイテッドにとって厳しい試合になるだろうと思っていた。チェルシーは今、ユナイテッドとリヴァプールより少しリードしている。リードするのは良い気分だね」
ザ・サン紙

ロナウドの退団について語っているのはランパードだけではない。ザ・ガーディアン紙では、バーンリー戦を「この敗戦でロナウドはほろ苦い過去の思い出だということを、ユナイテッドは実感しただろう。彼の穴埋めを任される選手として最も有力なのはマイケル・オーウェンだが、彼は非常にミスが多かった」

一方、ザ・タイムズ紙では、オリヴァー・ケイ記者が移籍市場について述べている。「バレンシアのダビド・シルバ獲得を、ユナイテッドはあきらめていないという記事をここ数週間よく目にする。これは、ユナイテッドが彼を実際に獲得すると言う前兆だろう。そして、彼らはセンターバックをカバーできる選手も探しているはずだ」

Round up by Nick Coppack

ページ 1 / 2 次へ »