登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

新聞記事から

新聞記事から

新聞記事から

ここでは、日本と英国のメディアから抜粋した記事を掲載しています。 ここでの記事の内容は、必ずしもマンチェスター・ユナイテッドの見解を 反映したものではありません。
28 August 2009 
ページ 1 / 2 次へ » 

新聞:エヴァンスが手術へ

エヴァンスが足首を手術へ
ジョニー・エヴァンスが2週間以内に足首の手術を受けることが明らかになった。スポーツメール紙によると、エヴァンスは2008年のクリスマス以降ずっと痛みに悩まされていたという。現在、ユナイテッドの守備陣は、リオ・ファーディナンドが3週間の離、ネマニャ・ヴィディッチは22日のウィガン戦でのウーゴ・ロダジェーガとのいさかいに関して、FAから調査されることになっている。エヴァンスは今まで鎮痛剤で痛みを押さえてきたが、9月初旬の各国代表戦終了後に手術を受けることを検討しているようだ。エヴァンスは北アイルランド代表のナイジェル・ワージントン監督に代表としてポーランド戦とスロバキア戦に出場したいと直訴。ワージントン監督は次のように語っている。「21日にエヴァンスから電話があって、手術が必要かもしれないと告白された。しかし、彼は代表戦が終わるまでは耐えてみると語っていた。代表戦が終わるまではけがが悪化しないよう願っている」
スタッフレポーター、デイリー・メール紙

27日に行われたチャンピオンズリーグの抽選結果に関する記事が、多くの新聞で掲載された。テレグラフ紙のコラムニスト、ヘンリー・ウィンターは、プレミアリーグの4クラブは全て決勝トーナメントに進出できるだろうと太鼓判を押した。しかし、ザ・サン紙によると、レアル・マドリーのカカーは、プレミアリーグの4クラブにかつてほどの脅威は感じないと語っているようだ。

また、ハムストリングを痛めていたセスク・ファブレガスが29日のユナイテッド戦に出場できるだろうと、デイリー・ミラー紙は報じている。

リオ・ファーディナンドマンチェスター・シティーにタイトル争いの力があると確信しているというニュースも報じられている。リーグ戦の上位で競った争いを繰り広げることができれば、巨額を投じた選手獲得も非難されることはなくなるだろうと、ファーディナンドは語っている。

ページ 1 / 2 次へ »