登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

新聞記事から

新聞記事から

新聞記事から

ここでは、日本と英国のメディアから抜粋した記事を掲載しています。 ここでの記事の内容は、必ずしもマンチェスター・ユナイテッドの見解を 反映したものではありません。
07 August 2009 
ページ 1 / 2 次へ » 

新聞:GKフォスターに最大のチャンス

皿洗いからイングランド代表へ
レミントン・スパの旅館で皿洗いやコックをしていたベン・フォスターは、大出世を遂げた。コミュニティーシールドが行われるウェンブリーは、マンチェスター・ユナイテッドのGKベン・フォスターを待っている。この試合は、フォスターにとっては2009-10シーズンを占うものであり、ひいてはイングランド代表の正GKとしてのワールドカップに出場に関わる試合とも言える。現在26歳のフォスターの才能は、広く知れ渡っており、アレックス・ファーガソン監督も彼を“エドウィン・ファン・デル・サールの正当な後継者であり、イングランド最高のGK”と評している。不運な指の負傷により、ファン・デル・サールは2カ月の欠場を余儀なくされている。フォスターにとってコミュニティーシールドは、ファーガソン監督、そして、イングランド代表のファビオ・カペッロ監督に自身の才能をアピールし、現在2キャップという代表戦出場記録を伸ばすためのチャンスでもある。39歳のデイヴィッド・ジェイムズは最近はミスが多く、ジョー・ハートはまだ22歳と若い。オールド・トラッフォードで活躍することができれば、それはフォスターがイングランド代表の正GKとしての地位を掴むことにつながる。ユナイテッド、そしてイングランドに世代交代の時が訪れた。
ヘンリー・ウィンター記者、デイリー・テレグラフ紙

他には、ザ・サン紙でファーガソン監督マイケル・オーウェンについてのコメントが、以下のように報じられている。「オーウェンはユナイテッドに多くのゴールをもたらしてくれるだろう。イングランド代表やリヴァプール、ニューカッスルでのようにね」

ザ・タイムズ紙の移籍関連記事は、今もユナイテッドがバイエルンのフランク・リベリーとバレンシアのダビド・シルバを狙っていると報じている。

Round up by Adam Bostock

ページ 1 / 2 次へ »