登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

新聞記事から

新聞記事から

新聞記事から

ここでは、日本と英国のメディアから抜粋した記事を掲載しています。 ここでの記事の内容は、必ずしもマンチェスター・ユナイテッドの見解を 反映したものではありません。
22 April 2009 

新聞:ベルバトフを擁護

ベルバトフはスタッツに逆らう
クリップボードやコンピュータ、複雑な計算やProZone(試合分析をクラブに提供する会社)が発展を遂げ、サッカーの見方は変化しつつある。データに興味がある方に、ディミタール・ベルバトフのマンチェスター・ユナイテッドでのファーストシーズンのスタッツを紹介させてほしい。ここまで彼は公式戦で13得点を記録。プレミアリーグでは27試合で8得点。さらに8つのアシストを記録している。枠内シュート率は50%で、チャンスを作る確率は20%。多くの人々は、これらの数字が3075万ポンド(約68億円)の価値に見合わず、ベルバトフが痛ましいシーズンを送っていると主張する。私は統計が興味深いと思うと同時に、データというものがベルバトフの貢献度について重要な意味を伝えることができないと思っている。
マシュー・サイード, ザ・タイムズ紙

日刊紙の多くがポール・スコールズを称賛する記事で溢れている。スコールズは22日のポーツマス戦で、ユナイテッドでの600試合出場を達成する可能性がある。

インディペンデント紙は、スコールズを「静かなる伝説」と、テレグラフ紙は「消極的なヒーロー」と表している。

ザ・サン紙は、サー・ボビー・チャールトンのコメントを引用している。

「ユナイテッドの選手の中で、スコールズが最もお気に入りの選手だ。勝利を見出す理性と信念を持ち、決定的なパスを好機を演出したかと思えば、強烈なシュートでゴールを積極的に狙う彼のプレースタイルが好きなんだ」

Round up by Nick Coppack

【注目記事】
ナイキ、アジアツアーに向けて
アジアツアーに関するお知らせ

試合の感想や準決勝に向けた応援メッセージを聞かせてください。
    ファンの交流の場、トーキングユナイテッドはこちら