登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

新聞記事から

新聞記事から

新聞記事から

ここでは、日本と英国のメディアから抜粋した記事を掲載しています。 ここでの記事の内容は、必ずしもマンチェスター・ユナイテッドの見解を 反映したものではありません。
29 April 2009 
ページ 1 / 2 次へ » 

新聞:勝利を目指すガナーズ

ヤング・アーセナルは決勝に進める
アーセナルは歴史と伝統を持った素晴らしいクラブであるが、チャンピオンズリーグではいまだに結果を残せていない。アルセーヌ・ヴェンゲル監督はアーセナルで13年にも渡り指揮を執り続けている。ヨーロッパの舞台での成功を追い求めるヴェンゲル監督は、29日に行われるチャンピオンズリーグ準決勝第1戦を前に、ユナイテッド有利との大方の予想を払拭すべく、この試合への自信を示している。ヴェンゲル監督はアーセナルの若い選手たちの能力、そして精神的な強さを信じており、今シーズンのチャンピオンズリーグ制覇に意欲を示している。ヴェンゲル監督はアーセナルの選手たちに「歴史を作るチャンスを握っているのは君たちなんだ」というメッセージを託して選手たちをオールド・トラッフォードのピッチに送り出すことだろう。「これはアーセナルというチームにとって待ちに待った瞬間なのだ。勝ちたいという意欲を表現する大きなチャンスなんだよ」とヴェンゲル監督は語った。「アーセナルはチャンピオンズリーグで勝てないというジンクスを払拭すべく、大きな決意を持ってこの試合に臨むのだ。我々は着実に力をつけ、常に優勝を狙える位置につけていた。この努力を続けていけば、我々は優勝することができるだろう」
― マーク・フレミング記者、インディペンデント紙

各誌は、29日にオールド・トラッフォードで行われるチャンピオンズリーグ準決勝第1戦についての記事を数多く掲載している。アレックス・ファーガソン監督はこの試合の戦術を決めかねているが、非常に攻撃的な戦術を採用するかもしれないとガーディアン紙は報じている。

チャンピオンズリーグから離れてみると、以前ユナイテッドに所属していた37歳のGKマーク・ボスニッチがイングランドのサッカー界に復帰すべくスウィンドン・タウンと会談を持ったとザ・サン紙が報じている。

同じくザ・サン紙は、こちらも元ユナイテッドのマーク・ロビンスが、ジョー・ロイルの後任としてオールドハムの監督に就任することに意欲を示していると報じている。

ページ 1 / 2 次へ »