登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

新聞記事から

新聞記事から

新聞記事から

ここでは、日本と英国のメディアから抜粋した記事を掲載しています。 ここでの記事の内容は、必ずしもマンチェスター・ユナイテッドの見解を 反映したものではありません。
30 September 2008 

ヴェナブルズがベルバトフを批判

ベルバトフへの非難
トッテナムの惨めなシーズンスタートについて、私はフアンデ・ラモス監督を非難しない。皆さんは驚くかもしれないが、ダニエル・レヴィ会長も非難しない。なぜ今トッテナムがひどく苦しんでいるのか……ロビー・キーンとディミタール・ベルバトフの売却以外に、理由は考え付かない。ベルバトフは我々に「夢」を語ってくれていた。よかったね、ディミ。君の夢は預金残高にいくつかゼロを加えたことだろう。でも、スパーズにも夢があったと思わないか?君を買い取り、君が世界一のストライカーの一人として開花するのを手伝ったのだから、それに報いて彼らの夢を叶える手伝いをしようとは思わないか?君には君の道がある。でも今シーズン始めの君の不快な存在が――ふくれっ面と、ふさぎこんだ、気が向かないようなプレーが――君を信じていたトッテナムには負担だったんだよ。
――テリー・ヴェナブルズ ザ・サン紙

ザ・サン紙では、かつてのアーセナルとイングランド代表ストライカーのイアン・ライトがロブ・スタイルズ主審の誤審の多さを指摘し、「職業的にも、審判は誤審を二度と許されるべきではない」とコメントしている。このコメントは先週末のボルトン対ユナイテッド戦でのスタイルズの誤審に対する議論によるものである。

ザ・テレグラフ紙は、ギグスが「キーズ・トゥー・ザ・シティ・オヴ・サルフォード賞」受賞候補だと報じている。彼はウェールズ人だが、サルフォードで育ち、この地域で素晴らしいプレーをしてきた。彼の受賞の主なライバルは、ビルマの政治犯でもあるアウンサン・スー・チーである。

“この記事について、あなたの意見は? 掲示板『トーキング・ユナイテッド』に投稿しよう”

Round up by Nick Coppack