登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

新聞記事から

新聞記事から

新聞記事から

ここでは、日本と英国のメディアから抜粋した記事を掲載しています。 ここでの記事の内容は、必ずしもマンチェスター・ユナイテッドの見解を 反映したものではありません。
26 September 2008 
ページ 1 / 2 次へ » 

ギグスの選択肢

ギグスは引退して監督になることもありうる
ライアン・ギグスは、今シーズンをもって現役を引退するかもしれず、サー・アレックス・ファーガソン監督の弟子になりたいと考えている。ギグスとマンチェスター・ユナイテッドの契約は今シーズンで終了するが、自分がチームにとって端役になるのであれば、現役を続けるつもりはないようだ。ギグスには、他のチームに移籍して現役を続けようという気はない。ファーストチームで居場所を失った時に、現役を引退しようと決めているのだ。「将来については楽観的に考えているよ。僕は今シーズンでクラブとの契約が終了する。今は気分がいいよ。自分が健康であり、メンバーに選ばれ試合を楽しめている限り、僕は現役を続けるんだ。でもこういった状態がもし変わってしまったら、引退を考えなければならないと思う。その日はそんなに遠くないと思っているよ。指導者を目指すのは選択肢の一つだし、サッカー選手にとっては自然なステップだよね」
デイヴィッド・アンダーソン記者、デイリー・ミラー紙

デイリー・メール紙は、若きGKベン・アモスが27日のボルトン戦に出場する可能性があるとの憶測を掲載している。エドウィン・ファン・デル・サールはヒザを、トマシュ・クシュチャクは太ももをそれぞれ痛めている。ベン・フォスターも足首のケガで出場は不可能である。

ボルトンのガリー・メグソン監督は、サー・アレックス・ファーガソン監督に対して、ケヴィン・デイヴィスを気に留めないよう警告している。ファーガソン監督は昨シーズンのデイヴィスのプレーを快く思ってはいないが、メグソン監督は次のようにコメントしている。「デイヴィスに悪意は無い。ただ競り合っているだけだ。ファーガソンが何を言おうと変わらないよ」

ファーガソン監督は、25日に亡くなった以前ノッツ・カウンティの監督だったジミー・シレル氏(享年86歳)に賛辞を送っている。

Round up by Gemma Thompson
ページ 1 / 2 次へ »