登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

新聞記事から

新聞記事から

新聞記事から

ここでは、日本と英国のメディアから抜粋した記事を掲載しています。 ここでの記事の内容は、必ずしもマンチェスター・ユナイテッドの見解を 反映したものではありません。
15 September 2008 

ロナウドの復帰

ロナウド:ユナイテッドのファンは僕を愛している。
クリスチアーノ・ロナウドは17日の復帰で、ファンから英雄の歓迎を受けると考えている。ポルトガルのスターはチャンピオンズリーグのホームでのビジャレアル戦で復帰の予定だ。その試合は、彼がレアル・マドリーへの移籍を試み、叶わなかった後に臨む最初の試合だ。足首の手術から戻ってきたスターは「ユニフォームを着れば、僕の全てを捧げるつもりだ。僕はクラブの歴史の中にいるんだ。プレーすれば、ファンはもう一度僕を愛してくれるだろう」。ロナウドはマンチェスター・シティーへの莫大な移籍金での移籍を否定した。シティーはライバルであるユナイテッドに1350万ポンド(約256億円)の移籍金を支払う用意ができていると報じられた。ロナウドは「それはないね。もう一つのマンチェスターのユニフォームを着るよ」と述べた。
ポール・ジギンズ記者、サン紙

リヴァプールに対する敗戦を調査したガーディアン紙のコラムニスト、デイビット・プリート氏は次のように書き記した。「最初の驚くべきゴールが決まった後に、リヴァプールは反撃に出た。我々はベニーテス監督のスタイルを確認することができた。そして、彼のワイドを有効に使ったパフォーマンスはユナイテッドを苦しめた」

ガーディアン紙のケビン・マックラン氏は「ユナイテッドは最初のショックなゴールから立ち直れなかった。ゴールを奪われてから、茫然自失となってしまった」と記した。