登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

新聞記事から

新聞記事から

新聞記事から

ここでは、日本と英国のメディアから抜粋した記事を掲載しています。 ここでの記事の内容は、必ずしもマンチェスター・ユナイテッドの見解を 反映したものではありません。
07 October 2008 
ページ 1 / 2 次へ » 

ウィルソン獲得を狙う?

監督が1800万ポンドの選手を希望
ユナイテッドは1800万ポンド(約32億円)でウィガンからウィルソン・パラシオスを獲得する体制を整えている。サン・スポート紙は、早ければ1月にもユナイテッドがウィルソンを獲得することができるだろうと考えているが、交渉はシーズン終了後に行なわれる可能性もある。パラシオスの近い友人はこう話す。「スティーヴ・ブルース監督とサー・アレックス・ファーガソン監督の関係は知っているだろう? とても仲が良いんだよ。ユナイテッドは何度もウィルソンを狙っていたんだ。ブルース監督はファーガソン監督の計らいもあって、ウィルソンを6ヶ月から1年、チームに留めておくことができているんだ。何か契約が交わされたわけではないが、暗黙の了解で合意されているんだよ。ウィガンは移籍金を高めの1800万ポンドに設定した。1月に移籍が実現される可能性は大いにあるよ」
― アンソニー・カストリナキス記者 ザ・サン紙

他のニュースでは、ブラックバーンのポール・インス監督がディミタール・ベルバトフは新たなエリック・カントナにはなれないと主張しているものがあった。ベルバトフのブラックバーン戦でのパフォーマンスは多くのユナイテッドファンの心に強く刻まれた。彼はユナイテッドファンのヒーローであるカントナと同じように、堂々とした態度でプレーした。しかし、インス監督はカントナとプレーしたこともあるが、ベルバトフはカントナとは比べ物にならないと語った。

最後に、ザ・サン紙とデイリー・ミラー紙は、ユナイテッドでのカルロス・テベスの将来の雲行きが怪しくなってきたという記事を掲載している。未だに彼は契約延長のオファーを受けていないからだ。クラブはこの記事はばかげたものだとして、テベスとの完全移籍契約を視野に入れていると主張した。

Round up by Gemma Thompson

ページ 1 / 2 次へ »