登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

新聞記事から

新聞記事から

新聞記事から

ここでは、日本と英国のメディアから抜粋した記事を掲載しています。 ここでの記事の内容は、必ずしもマンチェスター・ユナイテッドの見解を 反映したものではありません。
29 October 2008 
ページ 1 / 2 次へ » 

フレッチャーが退団を示唆!?

サー・アレックス・ファーガソン監督はMFダレン・フレッチャーと、ユナイテッドの退団について話さなければならなかった。24歳のフレッチャーは目立たなかったが、昨シーズンのヒーローの1人であった。ユース出身選手である、スコットランド代表キャプテンのフレッチャーはプレー状況に満足しておらず、今年の夏に移籍の準備をしていたようだ。
監督は次のように語っている。「多くのクラブがフレッチャーを獲得しようとしていたから、フレッチャーとの新たな契約は、我々を安心させるものであった。彼の契約はちょうど1年残っていて、彼は昨シーズンより多くの試合に出たがっていた。私はフレッチャーに『君はこのクラブで育った。2月に負傷するまで、すべての重要な試合でプレーしていたことを思い出してみなさい』と言った。ケガは4、5週間を要したが、復帰後フレッチャーはチェルシーとのアウェーゲームや、チャンピオンズリーグのバルセローナ戦など大きな試合に出場した。フレッチャーは全てのビッグゲームに出場した。そのことが彼を留まらせたのだと思う。現在、チームの負傷者が多いので、我々はフレッチャーがチームにとって、とても重要な選手であることを再認識している。彼の成長や試合でのプレーは新たなレベルに達しているよ」
― ニール・カスティス記者 ザ・サン紙

フレッチャーの将来がユナイテッドに約束される中、ユナイテッドの2選手に移籍の噂があったとされている。トッテナムがベン・フォスターに対して、シーズン終了までのレンタル移籍を希望していることや、ウェスト・ブロムウィッチがマヌーショの獲得を検討していることがデイリー・ミラー紙に報じられた。

28日に各紙で騒がれたサー・アレックス・ファーガソン監督のGQのインタビューは元ユナイテッドのガブリエル・エインセを苛立たせた。クリスチアーノ・ロナウドの親友であるエインセが、ロナウドにレアル・マドリー移籍を助長したとファーガソン監督が発言したことについて、エインセはまったくのでたらめだと語っている。

ページ 1 / 2 次へ »