登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

新聞記事から

新聞記事から

新聞記事から

ここでは、日本と英国のメディアから抜粋した記事を掲載しています。 ここでの記事の内容は、必ずしもマンチェスター・ユナイテッドの見解を 反映したものではありません。
24 November 2008 

ヴィラの監督が判定に抗議

主審がマーティン・オニールを怒らせた
マーティン・オニール監督率いるアストン・ヴィラのユナイテッド戦でのパフォーマンスは、他の誰でもないユナイテッドのサー・アレックス・ファーガソン監督に称賛された。しかし、サー・アレックス・ファーガソン監督からの称賛の言葉よりも、オニール監督には、この試合について脳裏に焼きついていることがある。ネマニャ・ヴィディッチがペナルティエリア内でガブリエル・アグボンラホールを倒したにもかかわらず、PKを取らなかったクリス・フォーイ主審に対してオニール監督は珍しく抗議をした。試合中、テレビリポーターは、オニール監督にそのシーンを見せようとしたがオニール監督は「見直す必要なんてないんだ」と、激しい口調で対応した。「主審はカードを出すかどうか迷っただろうが、結局出さなかった。彼にとっては大きなことだった。確かに議論の余地はあるだろうが、ヴィディッチのプレーにはレッドカードを出し、我々にPKが与えられるべきだったのだ。これが私の意見だ」
ニール・マクスリー記者 デイリーメール紙

各紙はアストン・ヴィラ戦でクリスチアーノ・ロナウドが負傷したことを受けて、ビジャレアル戦に臨むユナイテッドが、負傷者に悩まされているという記事を載せている。

サン紙とミラー紙はアストン・ヴィラ戦で勝利を逃したことが、リーグ戦に後々響いてくるだろうと報じている。

またサン紙は、ユナイテッドの選手たちが、5ポンド(約700円)程度の品物で、クリスマスのプレゼント交換を行うとも報じている。

Round up by Adam Bostock