登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

新聞記事から

新聞記事から

新聞記事から

ここでは、日本と英国のメディアから抜粋した記事を掲載しています。 ここでの記事の内容は、必ずしもマンチェスター・ユナイテッドの見解を 反映したものではありません。
26 November 2008 

標的にされるロナウド

ロナウドはピッチから追い出された!
イングランド、そしてヨーロッパのサッカー界からマンチェスター・ユナイテッドのクリスチアーノ・ロナウドを追放しようとする組織的な動きがあり、彼はその犠牲になったと、サー・アレックス・ファーガソン監督は昨夜訴えた。監督はユナイテッドが昨夜ビジャレアルと0-0で引き分け、チャンピオンズリーグのベスト16進出決定を見届けた。しかし、ロナウドにとっては過酷な試合になった。2人のスペイン人選手がロナウドへのタックルでカードをもらい、その内1人のジョアン・カプテビーラは、試合終盤にロナウドのひざにスパイクの痕を残し退場となった。
― イアン・レディーマン記者 デイリー・メール紙

ガーディアン紙、デイリースター紙、ザ・タイムズ紙を含む多くのタブロイド紙が、同様の記事を掲載している。

一方、ザ・ミラー紙は、サー・アレックス・ファーガソン監督が2018年に行われるワールドカップをイングランドで開催するために力を貸すだろうと報じた。ジョン・クロス記者は以下のように報じている。「監督と共に以前ユナイテッドのコマーシャルディレクターとして働いたことのあるアンディ・アンソンは、オールド・トラッフォードで最も権威のあるサー・アレックス・ファーガソン監督に電話をするつもりであり、支援を得る自信があるようだ」

ガーディアン紙は、サー・アレックス・ファーガソン監督の試合後のインタビューを引用している。ルーニーが試合の後半にPKを得るためにわざと転んだことを謝罪したと、監督は語った。

Round up by Nick Coppack