登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

新聞記事から

新聞記事から

新聞記事から

ここでは、日本と英国のメディアから抜粋した記事を掲載しています。 ここでの記事の内容は、必ずしもマンチェスター・ユナイテッドの見解を 反映したものではありません。
12 November 2008 
ページ 1 / 2 次へ » 

ヴィツェル獲得に名乗り出る

ユナイテッドがアクセル・ヴィツェル獲得レースに参戦
マンチェスター・ユナイテッドが、アクセル・ヴィツェル獲得に名乗りを上げた。サー・アレックス・ファーガソン監督はすでに、ヴィツェル視察のためにスカウトを先週行われたUEFAカップに派遣している。監督は以前よりヴィツェルへの興味が膨らんでいると言われてきたが、6日のセビージャ戦での印象的なパフォーマンスを受けて、ついに獲得に乗り出した。スポーツメール紙は、ユナイテッドとインテルがその試合を観戦していたと報じた。そして同時に、ボルトンが19歳のヴィツェルの獲得のために600万ポンド(約8億9000万円)の移籍金を用意したが、少なくともその2倍は必要だと断られたとも報じている。
― ジョン・エドワーズ記者 デイリー・メール紙

ほとんど全ての新聞が、カルロス・テベスのパフォーマンスがQPR戦に勝利をもたらしたとして彼を賞賛している。デイリー・テレグラフ紙は、ダニー・ウェルベックに関して、ユナイテッドのPK獲得のために途中出場したと報道した。

ザ・サン紙はオーウェン・ハーグリーヴスが有名な専門医であるリチャード・ステッドマンを尋ねたことを受け、両ひざの手術が“キャリアを救う”と報じた。

デイリー・メール紙によると、FWマヌーショのウェスト・ブロムウィッチへのレンタル移籍が現実味を帯びてきている。

そして最後に・・・・・・ミラー紙のコラムニスト、オリヴァー・ホルトが、サー・アレックス・ファーガソン監督のBBCパーソナリティ・オブ・ザ・イヤー受賞を確信している。ホルトによると「私が推測するに、BBCは悪い影響がある可能性を理解しているだろうね。ラッセル・ブランドとジョナサン・ロスのクリスマス特番より最悪だ(2008年の10月に、2人はBBCのラジオ番組で卑猥な内容を放送したとして、出入り禁止になり、番組からはスポンサーが下りてしまうという事件があった。)。だけどファーガソン監督は、2008年のBBCパーソナリティ・オブ・ザ・イヤーを受賞すると思っているよ」

ページ 1 / 2 次へ »