登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

新聞記事から

新聞記事から

新聞記事から

ここでは、日本と英国のメディアから抜粋した記事を掲載しています。 ここでの記事の内容は、必ずしもマンチェスター・ユナイテッドの見解を 反映したものではありません。
11 November 2008 

ロナウドに新契約?

ロナウドの新契約は態度次第
クリスチアーノ・ロナウドはマンチェスター・ユナイテッドに忠誠心を示めせば昇給があるだろう。10日、ロナウドの代理人であるジョージ・メンデスはユナイテッドの幹部と新契約について会談を行った。ユナイテッド側はロナウドがオールド・トラッフォードに残りたいと言う意思を表明しない限り、ロナウドを週給12万ポンド(約1800万円)に昇給しないことを明らかにした。この昇給はロナウドのレアル・マドリー移籍への噂が消滅することを意味する。
しかし、きちんとした姿勢で、ユナイテッドへ忠誠心を示せばロナウドは今シーズンの終わりに大きな契約を手にする事ができる。ロナウドは今シーズン、彼の真価を見せ続けなければならないだろう。
― イアン・マックガリー記者 ザ・サン紙

デイリー・ミラー紙もロナウドの昇給について伝えているが、ロナウドは週給17万ポンド(2700万円)を要求していると伝えている。ロナウドの新契約の話の一方で、ザ・サン紙はキャプテンであるガリー・ネヴィルの今後について伝えている。ニール・カスティス記者によると、33歳のネヴィルは今シーズン終了時に契約が切れるが、契約延長についてのオファーはまだないようだ。

ラファエル・ベニーテスは好調さに沸き立つ周囲に向けて警笛を鳴らしている。リヴァプールはプレミアリーグで、ユナイテッドとの勝ち点8差で首位に位置している。ベニーテス監督は「勝ち点差が20まで離れたら、安心できる」と語った。

Report By Steve Bartram