登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

新聞記事から

新聞記事から

新聞記事から

ここでは、日本と英国のメディアから抜粋した記事を掲載しています。 ここでの記事の内容は、必ずしもマンチェスター・ユナイテッドの見解を 反映したものではありません。
17 November 2008 

明るい未来

ユナイテッドの明るい未来
私はマンチェスター・ユナイテッドで、ロナウドが主役となってストークを撃破する様子を目撃した。しかし、もっと興奮したのは新しい世代の若きスターたちがオールド・トラッフォードの未来が明るいと証明したことだ。17歳のダニー・ウェルベックは途中出場して約23メートルの距離からゴールを決め、将来のユナイテッドでの存在をアピールした。一方、21歳のダーロン・ギブソン、25歳のマヌーショも、途中交代から印象的なプレーを見せた。ラファエウ、アンデルソンそしてナーニもベンチ入りし、ユナイテッドの4~5年後を見ているかのようだった。魅力的なプレーに関してはアーセナルの若手が素晴らしいと言われがちだが、最後に賞賛を手にするのはユナイテッドの若手選手たちだ。たとえば、ジョニー・エヴァンスは、あの傑出した選手であるネマニャ・ヴィデッチと共にDFで出場した。彼は自分のプレーだけでなく、隣にいるヴィディッチのプレーからも学ぶことができる。これは値段のつけられない貴重な経験だ。アーセナルには手本となる成熟した選手がいないから、アーセナルの若手選手はそういう経験を得ることができない。
― スタン・コリモア デイリー・ミラー紙

デイリー・メール紙は、トッテナムとユナイテッドが移籍市場が開く1月に、また移籍交渉を行なうだろうと報道している。15日のフルアム戦で、またもミスを犯したトッテナムのGKゴメスを見たハリー・レドナップ監督が、レンタルでベン・フォスターの獲得を狙っているという噂だ。

一方で以前トッテナムに所属していたディミタール・ベルバトフは、来月ホワイト・ハート・レーンに帰還する際、クラブとの和解を熱望している。ザ・サン紙によると、彼は以下のように語った。「僕はいつだってトッテナムに対して特別な気持ちを持っている。彼らは僕にイングランドのサッカーを教えてくれた。トッテナムに関して悪いことは決して言わないよ」

 

Report By Steve Bartram