登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

新聞記事から

新聞記事から

新聞記事から

ここでは、日本と英国のメディアから抜粋した記事を掲載しています。 ここでの記事の内容は、必ずしもマンチェスター・ユナイテッドの見解を 反映したものではありません。
20 November 2008 

キャンベルがコールに感謝

キャンベルにとってのコールとは
トッテナムにレンタル移籍しているフレイザー・キャンベルが、ゴールを挙げる秘訣を披露した。アンディ・コールである。キャンベルは10歳の時にユナイテッドでのキャリアをスタートしたが、伝説的なストライカーと出会ったのは正にその時だった。18日のU-21イングランド代表での初ゴールを挙げた後、キャンベルはコールが自らのお手本だったと語った。彼らの間には友情が芽生えている。21歳になるキャンベルは「僕が若かったころ、チームを応援するのでなくて、コールばかり応援していたものだよ。僕はコールのことを毎週見ていたんだ。コールは本当に僕の支えとなった。このころ僕はコールに話しかけて、成長へのヒントをもらっていた。あらゆることを僕に教えてくれたよ。試合で得た経験や練習中にしていたこと、練習後にしていたことなんかをね」
スティーヴ・ブレナー記者、ザ・サン紙

一方、キャンベルのチームメイトのダニー・ウェルベックはガーナ代表に招集されそうである。ガーナ・サッカー協会のフレッド・パプエ副会長は「私たちは彼を推薦するだろう」と語っている。

他のニュースとしては、カカーがクリスチアーノ・ロナウドのFIFA最優秀選手受賞を支持した。カカーは昨シーズン、リオネル・メッシ、ロナウドを抑えてこの賞を受賞している。カカーはUEFAチャンピオンズリーグ獲得に貢献したロナウドがこの賞に値すると考えている。

Report By Gemma Thompson