登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

新聞記事から

新聞記事から

新聞記事から

ここでは、日本と英国のメディアから抜粋した記事を掲載しています。 ここでの記事の内容は、必ずしもマンチェスター・ユナイテッドの見解を 反映したものではありません。
26 March 2008 

リオは代表主将にふさわしい?

イングランド代表の主将に任命されたリオ
リオ・ファーディナンドが任意の薬物検査を受けなかったとき、私は彼を非難したし、その後もずっと非難してきた。だが彼が、イングランド代表の主将に暫定的に指名されたことは嬉しく思っている。薬物検査の問題は5年前のことだ。彼は出場停止などの処分を受けたし、その後は見事に復活して見せた。マンチェスター・ユナイテッドの中心選手として活躍し、23日のリヴァプール戦では、フェルナンド・トーレスに仕事をさせなかった。
正式な主将はジョン・テリーがふさわしいと私は考えているが、最近のパフォーマンスから考えると、リオに主将の座が巡ってきても不思議ではない。
オリヴァー・ホルト記者、ミラー紙

新聞各紙は、ファーディナンドが26日のフランスとの親善試合でイングランド代表の主将を務めることが決まったニュースを伝えたが、『タイムズ』紙のオリヴァー・ケイ記者は以下のように警告した。「ファーディナンドがリーダーのような役目を務めるのはふさわしくない。薬物検査を受けなかったとして、イングランド・サッカー協会(FA)から8カ月の出場停止処分を受けたことがあるからだ。さらに、4度も運転免許停止になっており、中でも1997年の違反は、飲酒運転という悪質なものだった」

『デイリー・エクスプレス』紙によると、クリスチアーノ・ロナウドは、プレミアリーグとチャンピオンズリーグに、ユーロ2008を併せた三冠達成を狙っているという。

Round up by Nick Coppack