登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

新聞記事から

新聞記事から

新聞記事から

ここでは、日本と英国のメディアから抜粋した記事を掲載しています。 ここでの記事の内容は、必ずしもマンチェスター・ユナイテッドの見解を 反映したものではありません。
31 March 2008 

監督が好調ルーニーを称賛

監督「ルーニーはゴールを奪い続ける」
サー・アレックス・ファーガソン監督が、4月1日に対戦するローマに対して、ウェイン・ルーニーに気をつけるよう警告を発した。
ルーニーは4-0で快勝した29日のアストン・ヴィラ戦で、ホームでは咋年10月以来となるリーグ戦でのゴールをマークしており、ファーガソン監督も調子を上げてきたストライカーに注意する必要があると話した。
「ウェインは一流のプレーヤーだ。これから6、7試合続けてゴールを決めるような気がするよ。ローマ戦は重要な試合だ。だが、私たちは好調だし、対戦を楽しみにしているよ」
ニール・カスティス記者、サン紙

『サン』紙はまた、ユナイテッドは国内リーグで見せている強さを、チャンピオンズリーグの舞台でも発揮するべきだとし、「ユナイテッドに脅威を与えるチームはもう残っていない」とした。

一方のローマは、咋シーズンのユナイテッドとの対戦で1-7の大敗を喫するという屈辱を受けたが、ルチアーノ・スパッレッティ監督は「昨シーズンの苦い記憶を払拭するいいチャンスだ」とコメントした。

ポール・スコールズは、『デイリー・ミラー』紙に、ユナイテッドが今シーズンのチャンピオンズリーグで決勝まで進んだ場合、実力以外の要素でメンバーに選んで欲しくないと語った。「同情して欲しくないんだ。まあ僕の調子が悪くても、監督が『お前は(約)10年前の決勝を欠場したから、10分だけプレーして来い』なんて言ってくるとは思わないけどね」

Round up by Steve Bartram