登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

新聞記事から

新聞記事から

新聞記事から

ここでは、日本と英国のメディアから抜粋した記事を掲載しています。 ここでの記事の内容は、必ずしもマンチェスター・ユナイテッドの見解を 反映したものではありません。
25 March 2008 

5連勝でユナイテッドが優勝

スタンフォード・ブリッジで優勝決定?
ユナイテッドは今後のリーグ戦4試合に全勝し、4月26日のアウェーのチェルシー戦に勝利すれば、プレミアリーグのタイトルを手中にできる。
ユナイテッドのファンにとってスタンフォード・ブリッジは、2年前の対戦で、ウェイン・ルーニーが中足骨を骨折し、チェルシーが優勝を遂げた瞬間を見届けた場所でもあるため、今回はその悔しい思いを晴らすチャンスである。
サー・アレックス・ファーガソン監督は「チェルシーがカギを握っている。本拠地のスタンフォード・ブリッジでは素晴らしい結果を残しているので、警戒が必要だ」とコメントした。
ビル・ソーントン記者、デイリー・スター紙

23日のユナイテッド戦で、リヴァプールのハビエル・マスチェラーノが審判に抗議を行って警告を受け、退場になったことについて、さまざまな意見が各紙に載せられた。アーセナルで活躍した元イングランド代表FWのイアン・ライトは、選手が抗議を行って警告を受けた場合、チームの勝ち点をはく奪し、抗議ができるのは主将だけにしたらどうかと提案した。

一方、元アイルランド代表FWのトニー・カスカリーノは、『タイムズ』紙の中で、今のクリスチアーノ・ロナウドを止める方法は、マンマークしかないと主張。カスカリーノはロナウドを「天才」と呼び、「マンマークをする以外に彼を封じ込める方法はないだろう」とコメントした。

Round up by Nick Coppack